エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

防衛装備庁に「安全保障技術研究推進制度」の廃止を要請し、 各大学・研究機関に応募しないよう求める緊急署名について1/31記者会見

[転送・転載歓迎/重複失礼]

今年度の18倍にのぼる110億円もの予算案が提出された軍事研究推進制度
にどのような姿勢をとるべきか。日本学術会議の「安全保障と学術に関す
る検討委員会」での議論が佳境に差しかかっています。

1月16日に行われた委員会では、杉田敦委員長が提案した議論の中間とり
まとめ案に対して、大西隆学術会議会長や小松利光委員から、しつこく異
論が出されました。向井千秋、土井美和子委員も同調しました。4月の総
会に向けて、今後どうなるのかは予断を許しません。

2月4日に行われる学術会議の公開フォーラムを前に、以下の記者会見が行
われます。市民も参加できますので、ご関心のある方はぜひどうぞ。

※2月4日の公開フォーラム当日には、午前11時30分から、学術会議前
(乃木坂駅5番出口すぐ)でアピール行動が取り組まれます。詳細は改め
てご案内します。

---------------------------------
<記者会見のご案内>

防衛装備庁に「安全保障技術研究推進制度」の廃止を要請し、
各大学・研究機関に応募しないよう求める緊急署名について
および日本学術会議「安全保障と学術に関する検討委員会」
中間取りまとめについて

防衛装備庁は、軍事技術に関する研究助成制度である「安全保障技術研究
推進制度」の来年度予算として110億円を要求し、満額が政府案として認
められました。それに対して、20人の呼びかけ人による緊急署名活動が始
まっています。

これは、防衛装備庁に「安全保障技術研究推進制度」の廃止を要請すると
ともに、全国の大学・研究機関に来年度公募に応募することのないよう求
めるものです。正式に開始したのは1月13日ですが、すでに2200名以上の
科学者や市民からの署名が集まっています。

http://no-military-research.jp/shomei/ ← まだの方はぜひご署名を!

紙版署名用紙 ※印刷・コピーして広めてください。
(個人版) http://no-military-research.jp/shomei/pdf/shomeiyoushi.pdf
(団体版) http://no-military-research.jp/shomei/pdf/dantaishomeiyoushi.pdf

この署名は今、多くの研究者・市民の熱い思いで広がっています。一方、
日本学術会議の「安全保障と学術に関する検討委員会」では、1月16日に
杉田敦委員長からこの間の議論の「中間とりまとめ」案が出されています。
それは、議論を受けて多少修正され、学術会議のホームページに発表され
ています。これを2月4日に行われる学術会議フォーラムで報告し、そこで
の議論を踏まえ、最終案が作られることになります。

このまとめをどう評価し、最終まとめに多くの科学者や市民の声を反映さ
せていくかが大きな課題となっています。この2点についての記者会見を
1月31日午後に開催します。市民の皆さんの参加も歓迎です。

日時:1月31日(火) 15時から16時半
会場:参議院議員会館B103会議室(永田町駅、国会議事堂前駅)
   ※14時30分から通行証を配布します。

1.緊急署名について 呼びかけ人からの発言
池内了(名古屋大学名誉教授・宇宙物理学)
井野博満(東京大学名誉教授、金属材料学)
鵜飼哲(一橋大学教員、フランス文学・思想専攻)
香山リカ(立教大学教授・精神科医)
川嶋みどり(日本赤十字看護大学名誉教授・看護学)
西谷修(立教大学教授・比較文明学)
西山勝夫(滋賀医科大学名誉教授・医学)

2.「安全保障と学術に関する検討委員会中間とりまとめ」について
井原聡(東北大学名誉教授、日本科学者会議事務局長)

主催:緊急署名よびかけ有志 池内了、香山リカ

---------------------------------
【関連資料】

資料1改訂版:審議経過の中間とりまとめ
http://www.scj.go.jp/ja/member/iinkai/anzenhosyo/pdf23/anzenhosyo-siryo8-kaitei1.pdf
※例えば、1の⑤、当初の「軍事研究」との表現が大西隆会長の「防衛装
備技術研究」と書くべきだ、との異議を受けて、「軍事的安全保障研究」
という妙な造語に替わっています。ぜひご一読ください。

<杉田敦委員長による中間とりまとめ原案>
資料1:日本学術会議・安全保障と学術に関する検討委員会・審議の
中間とりまとめに向けて
http://www.scj.go.jp/ja/member/iinkai/anzenhosyo/pdf23/anzenhosyo-siryo8-1.pdf

小松幹事コメント
http://www.scj.go.jp/ja/member/iinkai/anzenhosyo/pdf23/anzenhosyo-siryo8-2.pdf

審議の中間とりまとめに向けての各委員からのコメント
http://www.scj.go.jp/ja/member/iinkai/anzenhosyo/pdf23/anzenhosyo-siryo8-3.pdf

「軍事研究に慎重な対応を」 日本学術会議が中間報告案
(1月17日、朝日)
http://www.asahi.com/articles/ASK1J62THK1JULBJ011.html

法政大、軍事研究を禁止 「本学の使命の対極にある」
(1月27日、朝日)
http://www.asahi.com/articles/ASK1V5VYLK1VUTIL04X.html

トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/25249335
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2017-01-28 09:43 | 反核・平和 | Trackback