エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

財政が豊かな東京都、この程度のことなら誰が知事でも出来る

東京都の新年度予算案。保育士の給与引き上げなどが目玉になっています。
また政党復活予算を廃止しました。


そのこと自体は評価しましょう。

しかし、「この程度のこと」なら、東京都の今の豊かな財政の中では「誰が知事でも出来る」
話ではないでしょうか?

また、予算編成の透明化についても、そもそも国では2010年度に民主党政権が廃止しています。
後追いに過ぎません。

問題は、小池知事が根本的にどちらのスタンスなのか?

(大都市型の)大手企業応援でトリクルダウン都政を目指すのか?
都民の暮らしの不安を直接取り除く都政を目指すのか?

そのことが問われると思います。

現時点では、小池知事は安倍総理のような重厚長大重視のトリクルダウン(旧保守)ではないが、
グローバルインテリ本位の都会保守であると思われます。

それは、公明党や大阪維新、そして、民進党右派とも親和的である。
それらが合体すれば「新・新進党になる」
ということではないでしょうか?


トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/25254464
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2017-01-29 18:01 | 東京都政 | Trackback