エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

NATO軍トルコ兵らがドイツで亡命申請、 逮捕や拷問恐れる

今日のトルコは明日の日本ではないでしょうか?
エルドアン大統領と安倍晋三総理はかなりそっくりです。

イスラム主義に傾倒しつつロシアにしっぽを振るエルドアン。
日本会議を支持基盤としつつロシアにしっぽを振る安倍晋三。

よく似ていませんか?

同じように、敗戦を契機に当時の世界でも先進的な憲法を制定した国同士。
似たような状況にあることに心が痛みます。
【AFP=時事】ドイツ国内の北大西洋条約機構(NATO)基地に派遣されているトルコ軍兵士ら数十人が、帰国すれば拘束や拷問の恐れがあるとして亡命を申請した。独メディアが28日、亡命申請した同軍将校らの話として伝えた。トルコではレジェプ・タイップ・エルドアン(Recep Tayyip Erdogan)政権の転覆を狙った昨年7月のクーデター未遂に関与したなどとして約4万3000人が逮捕されている。

 独週刊誌シュピーゲル(Der Spiegel)と公共放送ARDは共同報道で、NATO基地に駐留中のトルコ軍兵士約40人がドイツで亡命申請したと伝えた。そのほとんどは幹部級で、軍幹部の1人はクーデター未遂には全く関与しておらず共感もしていないとしたうえで「トルコに帰国すれば収監される恐れがある。拷問を受けるかもしれない」と語っている。ドイツ内務省と移民・難民局は亡命を申請したトルコ兵らも他の亡命申請者と同様に扱うとしているという。

 欧州連合(EU)にとってトルコは、中東やアフリカからドイツをはじめとするEU諸国に大挙して押し寄せる移民や難民の防波堤として需要な役割を果たす国だが、トルコでのクーデター未遂以降、トルコとドイツの関係は悪化。そうしたなかでアンゲラ・メルケル(Angela Merkel)独首相のトルコ訪問が来月2日に予定されている。【翻訳編集】 AFPBB News

トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/25254771
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2017-01-29 19:38 | 国際情勢 | Trackback