エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

難民もテロも欧米の空爆の結果ではないのか?

トランプ大統領による7カ国(イラン、イラク、シリア、イエメン、スーダン、リビア、ソマリア)からの難民・移民入国禁止令。

そもそも、難民もテロも米英仏露など大国による空爆の結果ではないでしょうか?

それなのに難民を入国拒否というトランプ大統領の言い分は、やはりおかしいのです。

空爆はブッシュやクリントンがやったにしても、国としての責任は引き継ぐのが当然です。


第二次世界大戦は東條英機がやったことだから、俺関係ねえ、って戦後の日本の総理が言ってしらばっくれることはできませんよね?

それと同じですよ。


さらにいえば、そもそも、7カ国出身の人間がアメリカでテロを行ったことはありません。


911テロはサウジアラビア人を中心にUAE人、エジプト人、レバノン人が被疑者でした。

2013年4月のボストンマラソン爆破事件ではキルギスに縁がある人物。

2015年12月の銃乱射事件では米国人の夫とパキスタン出身の妻が被疑者でした。

一体何の基準で入国禁止対象の国を選んだのかも分かりません。

というか、アメリカ以外の国から見れば、一番テロをやっているのはアメリカだという見方も出来ます。
そうなると、アメリカ以外の国はアメリカ人を入国禁止にするのが一番と言うことになりかねません。
(それでも、軍事力に任せて侵入してくるのがアメリカですが)。

トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/25263184
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2017-01-31 16:19 | Trackback