エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

フィリピン大統領、「アメリカとの安全保障合意を破棄する」・・米軍基地設置強行なら

お隣のフィリピンのドゥテルテ大統領。
犯罪者を裁判なしでぶっ殺すなど日本人の感覚からすれば理解しがたいものがあります。
その一方で、外交についてはアメリカから距離を置きつつ日中の間で両国を天秤に掛ける。
そうした、バランス外交に長けています。日本の政治家もこの点は参考にすべきでしょう。

フィリピンのドゥテルテ大統領が、アメリカのトランプ大統領に対し、フィリピンにアメリカの兵士や軍備を常駐させた場合、両国の安全保障合意を破棄すると警告しました。

ロシアトゥデイによりますと、ドゥテルテ大統領は、アメリカがフィリピンに軍備の倉庫を建設しようとしていることを非難し、トランプ大統領に対し、これはアメリカとフィリピンの安全保障合意を危険に晒す行動だと警告しました。

ドゥテルテ大統領はさらに、アメリカ軍の常駐基地のフィリピン設置は、両国の合意内容に反するものであるとし、それを見直すか、恐らく破棄することになると警告しました。

この発言は、フィリピンの軍関係者が、今後数ヶ月以内に、フィリピンにあるアメリカ軍基地内に、兵士を駐留させるための軍事施設や空港を建設する作業を開始するためのアメリカ国防総省の努力を明らかにした3日後に行われました。

2014年に締結されたアメリカとフィリピンの安全保障合意により、アメリカは、人道作戦の枠内で、フィリピンの5つの基地に兵士や船舶、戦闘機を配備することが許されています。


トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/25263649
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2017-01-31 17:57 | 国際情勢 | Trackback