エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

STOP「トランプ機嫌取り・原発輸出のアベコベ政治」/共謀罪はテロ対策ですらない!

e0094315_16373499.jpg

広島瀬戸内新聞社主のさとうしゅういちは、2017年2月3日、安佐南区祇園出張所前で街頭演説を行いました。
要点は以下。
・安倍総理のあべこべなお金の使い方を改め、庶民の生活不安を取り除くことを第一にしなければならない。
・貧困率が下がっていると言うが、中間層の所得が下がったためで、貧困はむしろ広がっている。
・雇用が増えたと言うが、実際には高齢者が年金が足りないため、老後が不安なため等の理由から、無理に働き続けている面もあるのではないか?働きたい人が働けるのは良いが、無理に働かざるを得ない人が出る状況はいかがなものか?
・安倍総理はアメリカの大統領ではない。アメリカの雇用創出のためにお金を貸すと言うが、それなら、まず国内の庶民の生活不安解消に使うべきだ。
・そもそも、移民・難民入国拒否などで批判が強まっているトランプさんべったりの姿勢を今見せることはまずい。冷静に距離を置くべきだ。
・安倍総理は、原発輸出のためにお金をばらまいているが、ヒロシマ、ナガサキ、フクシマを経験した国のやること思えない。しかも、米国原発事業で東芝が7000億円、日立が700億円損失を出した。原発輸出に何兆円もばらまく一方で、国民の命を守る国保支援のための300億円をけちるなどあべこべはやめてほしい。
・2017年度予算案は、過去最大規模だが、国民の生活を守るという意味ではしょぼすぎる。たとえば、介護現場の処遇改善などは、(介護士ひとり当たり月1万円の処遇改善という総理の案では)あまりにも現状を立て直すには少なすぎる。
・共謀罪は、現代版の治安維持法だ。治安維持法の時も、今で言うテロリストを取り締まるだけだという話だったが、しまいには、政府への不満を漏らした一般国民もしょっ引かれた。自民党の元祖・吉田茂も逮捕された。そもそも、現代のテロは、多くが、希望を失った人間が過激な思想に傾倒、単独で行っている場合が多い。ニースのテロしかり、植松被疑者の事件しかり、宇都宮の元自衛官による自爆テロしかりだ。こうしたテロは基本的には防ぐのは難しいが、根本的には不安にかられたり、希望を失って過激に走る人が出ないような社会にするしかない。
さとうしゅういちは、この後、広島市中区本通で行われた「広島県九条ネット」による「アベ政治を許さない」スタンディングにも参加。

「原発輸出やトランプさんの機嫌取りのためには金には糸目を付けない一方、介護や医療の改悪に突き進むアベコベなお金の使い方を許してはならない」と訴えました。そして、「こうしたあべこべな政治をしているからこそ、政府に不満を持つ人を押さえつけるために、共謀罪が出てくる。」と指摘。「吉田茂もしょっぴかれた治安維持法に相当する共謀罪を廃案に追い込もう」と檄を飛ばしました。
e0094315_16382409.jpg
どちらの演説でも「吉田茂も治安維持法で逮捕された」と叫ぶと、多くの方が驚いてこちらを注目されるのが手に取るように分かりました。

安佐南区での演説の途中、年配の女性二人組の方が
「医療費が高くなっているので、病院にもかかりづらい。」
と訴えられました。
そのうちお一人が
「この間転倒して、大きなこぶが出来ている」とおっしゃいました。
拝見すると、かなり大きなこぶが後頭部に出来ているので、
「頭を打っているので、念のため病院を受診してください。」
とお願いしました。
この女性は、もう一人の女性が付き添って、そのまま、出張所直ぐ近くの病院へ向かわれました。
しかし、負担増や年金所得の減少が過剰な受診抑制につながり、大事になりかねない危険があることを実感させられ、ヒヤリとしました。

トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/25280504
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2017-02-03 16:40 | 活動報告 | Trackback