エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

民進党は「労働貴族党」から脱却のチャンスだ・・化学総連、自民支持へ


もともと、安倍さんの地元の山口県は、化学工場が多くあります。そして、そこの人たちの票は
おそらく安倍さんら自民党候補に流れていたはずです。さもなくば、山口県で自民党が圧勝するという構図には
なりません。

民進党はピンチのように見えますがチャンスでもあります。

大手企業の企業内労組以外の人の方が、いまや人口の圧倒的多数です。そちらの支持を固めることを考えた方が良いのです。

民主党のそもそもの政策は、大手企業正社員でない人も救われるような個人主義の色彩が強かったのです。そちらを頑張った方がいいのではないか?

自民党政治(安倍政治も含む)は、お父さんが大手企業の正社員でありさえすれば、住宅や医療や教育も安泰。しかし、そうでないと悲惨、という体制でした。

そこからの脱却を野党連合は打ち出せば良いのです。
ただし、脱却の仕方は、小泉純一郎さん、橋下徹さんのような、「富裕層以外みんなで貧しくなる」ようなやり方ではなく、個人に着目したセーフティネットにしていくことです。

それにしても、化学総連が支持団体につくことで、自民党は、これにより、「バンカラ(田舎)色」がますます強まりますね。

安倍さんはそもそも、官僚の天下りにも甘い。橋下さんみたいに公務員を叩くわけではない。

従って、安倍総理と労働貴族(連合幹部)は非常に相性が良い。

この点に限っては、小泉純一郎さん、橋下徹さんとは「正反対」です。

トランプが「労働者の党に共和党をする」というが、自民党も、「労働貴族+田舎お金持ちの党」になるということです。

小池新党がおそらく、「都会のグローバル・インテリ党(日本版ヒラリー・クリントン)」。

それに対して野党+市民共闘が「圧倒的多数の労働者勢力」として、対抗する構図になればわかりやすいと思います。

ただし、野党が、労組の支持を失ったあげくに、「グローバルインテリ」党にすり寄るようなことではこまります。

トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/25361657
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2017-02-14 14:10 | 労働貴族 | Trackback