エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

パキスタン、イラクでISIS?爆弾テロ相次ぐ

パキスタンとイラクの首都・バグダッドで爆弾テロが相次ぎ、数十人がなくなったとのことです。

改めて、パキスタンとイラクの皆様に、お見舞い申し上げます。

パキスタン南部のシンド州で、爆弾テロにより、72人が死亡しました。

IRIB通信によりますと、16日木曜夕方、シンド州の宗教施設で爆弾テロが発生し、この他、200人以上が負傷しました。

テロ組織ISISが犯行声明を発表しています。

イラン外務省のガーセミー報道官は、このテロを非難しました。






パキスタンで自爆テロ70人死亡 IS犯行か

パキスタン南部にある宗教施設で自爆テロがあり、少なくとも市民70人が死亡し、過激派組織IS=イスラミックステートとつながりのあるメディアがISの犯行だと伝えました。

16日、パキスタン南部シンド州にあるイスラム教の神秘主義スーフィズムを信じる人たちの宗教施設で、男が身につけた爆弾を爆発させ、地元の警察によりますと、少なくとも市民70人が死亡し、150人以上がけがをしました。

警察によりますと、当時、この施設では、スーフィズムを信じる人たちのほか、少数派のイスラム教シーア派の人々も参加して宗教行事が行われていたということです。

事件のあと、過激派組織IS=イスラミックステートとつながりのあるアマーク通信が「ISの戦闘員が、シンド州の宗教施設で身につけた爆弾を爆発させた」としてISの犯行だと伝えました。

パキスタンでは、去年11月にも、同じスーフィズムを信じる人たちの宗教施設で市民40人以上が死亡する自爆テロがあり、この時もアマーク通信がISの犯行だと伝えました。

パキスタンの隣国アフガニスタンには、ISの地域組織が拠点を築いていて、その影響力がパキスタンにも及んでいるのではないかという懸念が強まっています。


バグダッドで爆弾テロ45人死亡 IS犯行か

イラクで過激派組織IS=イスラミックステートに対する大規模な軍事作戦が続く中、首都バグダッドで16日、少なくとも45人が死亡する爆弾テロがあり、治安当局は、ISによる犯行と見て捜査を進めています。

イラクの首都バグダッド南部で、16日、商店街に止めてあった車が爆発し、治安当局によりますと、この爆発で少なくとも45人が死亡、55人がけがをしました。

治安当局は、過激派組織ISとつながりのあるメディアのアマーク通信が「イスラム教シーア派の集まっている場所が狙われた」と伝えていることや、ISがこれまで同様のテロを繰り返していることなどから、ISによる犯行と見て捜査を進めています。

イラクでは、先月、アメリカ軍の支援を受けたイラク軍が、ISが支配する北部の主要都市モスルの東側を奪還するなど、IS掃討に向けた軍事作戦は重要な局面を迎えています。

そうした中、首都バグダッドなどではISによると見られる爆弾テロが続いており、イラクの治安当局は、北部での軍事作戦と合わせて都市部でもISによるテロへの警戒を強めています。



トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/25378290
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2017-02-17 11:27 | 国際情勢 | Trackback