エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

十分に戦争中で十分に独裁政治である

独裁者と言えばヒトラーみたいに、どんどん反対者を死刑にして、どんどんユダヤ人など気に入らない人間を
虐殺していく。
戦争と言えば、東京大空襲や原爆みたいなことが日本本土で毎日のように起こる。

そういう固定的な「独裁」や「戦争」のイメージに日本人は囚われすぎたのではないか?

その結果として、戦争と独裁が気づかないうちに進んでしまったのではないでしょうか?

安倍総理はもう2年以上前、イスラエルの国旗の前でISISに対して宣戦布告を行いました。
さらに、日本の自衛隊が行っている南スーダンでは、当事者が和平合意は崩れていると言明。
すでに戦争状態と言えます。

また、沖縄においては、日本政府は基地に反対する市民を弾圧している。
日本政府は、全く聞く耳を持たない。まるで、戦争のようです。
山城博治さんは、まさに、「日琉戦争」の「捕虜」となっているのではないでしょうか?

自民党内では、安倍総理に逆らう者はいない。下手に総理に逆らえば、今の小選挙区比例代表並立制では
自民党公認を外されたら、勝ち目はないからです。

総理による独裁、ないし、総理を操る官僚による独裁がここに完成したのです。




トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/25379914
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2017-02-17 19:20 | 安倍晋三 | Trackback