エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

【備忘録】団塊世代、バブル世代、団塊ジュニア世代、若者世代の断層を乗り越えて・・学費問題を中心に

【備忘録】団塊世代、バブル世代、団塊ジュニア世代、若者世代の断層・・学費問題を中心に

団塊世代:若いときは確かに所得は低かったが、大学学費も激安だった。一流大生ならカテキョーのバイトでなんとかなった。彼らが学園紛争に敗北した結果、学費が暴騰した。

バブル世代:学費は暴騰したが、親は全体的に豊かな時代。自分自身も社会人初期は恩恵を受けた。
安倍晋三さん、石破茂さんら。

団塊ジュニア世代:就職難に遭遇したが、学生時代はまだ親に余裕。借金をしないでも大学へ行けた割合は高かった。

若者世代:学生時代は既に親に余裕もない。奨学金を借りている人が半数を超える。人手不足から求人倍率は上がり、表面上、正社員は増えたが、ボーナスなしなど、中身は変わっている。

もちろん、個々の家庭の事情により、差は出てくるのは承知です。それを捨象するのは乱暴と承知の上で申し上げると、全体としては上記の傾向がある。

そのために、67歳の男性が「バイトして奨学金を返せ」などと投稿して炎上したり、上野千鶴子先生が、若者から批判されたりする。団塊世代では小泉純一郎さん、上野千鶴子さん※らポストモダニズム(安倍政権支持者が言うところの「新自由主義パヨク」)の影響が強い。

バブル世代に関して言うと、米日欧ともに、昔(1980年代)への郷愁が強いのはこの世代ではないか?その結果として、トランプ・安倍晋三などの「躍進」の原動力となっている。

団塊ジュニアくらいだと、共産・民進内の格差是正重視議員と親世代への憎悪(シルバー民主主義打倒論)から大阪維新に支持が分かれる傾向がある。ただしデモとか集会には来ないで、ネットで情報を集めて、自分なりに判断するという人が多い。

若者世代だと、リスクを取れないために、親や先生、先輩などに従順な傾向が強くなる。それが、若者での自民党支持の高さにつながっているが、それは、社会全体の反映に過ぎない。

※上野千鶴子さんは本来は「マルクス主義フェミニズム」のはずだが、そこから離脱し、ポストモダニズム(安倍政権支持者ネトウヨが言うところの「新自由主義パヨク」)に接近ないし同化したものと見られる。

ただ、世代間の断層を乗り越え、(親が)所属する企業に本人が受けられる教育や社会的サービスが左右される仕組みから個人が救われる仕組みに変えていくのが、あるべき解。
バブル崩壊以降散々言われてきたことだが、実現がほど遠い。

民主党政権2009がその路線を実現する可能性があったが、その頓挫が痛い。

痛いが、その方向で行かなければならない。


トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/25404851
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2017-02-21 16:40 | 思想・哲学 | Trackback