エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

某旧帝国大学名誉教授は「平等に貧しくなろう」ではなく「豊かさの意味を問い直そう」としたら良かった

某旧帝国大学名誉教授は「平等に貧しくなろう」というから炎上する。

そうではなく「豊かさの意味を問い直そう」とすべきでしたね。

たとえば、同じ金でも、より豊かになる方法はある。

東京で言えば、外環道などに使うのではなく、公共交通の充実に使う。

総理が外国にばらまいて、お友達の多国籍企業が儲けるのではなく、国民が安心して教育、医療を受けられるようにする。ハッキリ言うと、この点では日本はキューバに負けています。

また、人口は減っても、AIでこれを補うという手はある。逆に言えば、人口が減る時期だからこそAI
による雇用減少を恐れなくて済むという考えも出来る。構造転換さえ出来れば、大丈夫なのです。
転換をスムーズにするために、終身雇用を前提とした企業中心の社会保障を個人中心のそれに
転換すれば良いのです。

「貧しくなる」ではなく「豊かさの意味を問い直す」。これなら、まだ分かりますよ。

それを「貧しくなる」と言ってしまうから、反発が起きる。
人々も、そういう某旧帝国大学名誉教授的なものに反発する勢い余って、バブル時代を
取り戻そうとする安倍晋三に流れてしまう。

そういうことではないでしょうか?



トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/25406579
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 広島瀬戸内新聞ニュース(.. at 2017-02-21 22:59
タイトル : U先生は、つまらん文章を東京新聞に書くくらいなら、介護職..
某旧帝国大学名誉教授は「平等に貧しくなろう」ではなく「豊かさの意味を問い直そう」としたら良かった 某女性旧帝国大学名誉教授U先生は、「豊かさ」が女性の負担を軽減したことを軽視している 某女性旧帝国大学名誉教授U先生は、つまらん文章など東京新聞に書いている暇があるなら、老人ホームへ行って介護職として働くべきである(^_^)。 そのことを旧帝国大学卒業生で現職ヘルパーの本社社主は勧告します。 なぜか? 九〇歳代の女性は、こういうでしょう。 「今は、一番にお風呂に入れてええ...... more
by hiroseto2004 | 2017-02-21 22:14 | 思想・哲学 | Trackback(1)