エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

【森友学園疑獄】後退する総理のディフェンスライン

総理のディフェンスラインはじりじりと後退しています。

「他の政治家が介入した」可能性は総理も否定していないのです。
それが国交大臣を長年出してきた某与党か?
大阪を本拠とする某「準与党」なのか?
そこまではまだわかりませんが。
そして、森友学園の籠池理事長を切り捨てにかかっているのも事実です。
「しつこい人」などと言われては、籠池さんも立つ瀬はありませんね。

朝日新聞が今回は先頭で頑張っています。
やはり、トランプ大統領に対して安倍総理が「朝日新聞に勝った」などといわれ、
なにくそ、と言う気持ちが出てきているのではないかとも思うのですが、うがった見方でしょうかね?
この時点で、「マスコミは疑惑を取り上げない」などと過剰にマスコミを批判するのは避けた方が良いでしょう。


昨日の総理のディフェンスライン

「政治家の不当な介入ない」(麻生副総理)

大阪・豊中市の国有地が、学校法人に鑑定価格より低く売却されたことについて、麻生副総理兼財務大臣は23日の衆議院予算委員会の分科会で、土地の売買をめぐる手続きは、適正だったという認識を示したうえで「政治家が不当な介入をしたことはない」と述べました。

この問題は、大阪・豊中市のおよそ8800平方メートルの国有地めぐって、国は地中深くで新たなごみが見つかったためだとして大阪・淀川区の学校法人「森友学園」に鑑定価格よりも低く売却したものです。

これについて、麻生副総理兼財務大臣は、23日開かれた衆議院予算委員会の分科会で、ゴミの撤去費用の算定方法について問われ、土地の売買をめぐる手続きは適正だったという認識を示したうえで、「政治家が不当な介入をしたことはない」と述べました。

また、財務省の佐川理財局長は、ゴミの撤去費用として鑑定価格から8億円を差し引いたことについて、「今後の工事でどんなゴミがさらに深いところで出てくるのかわからないので、隠れたものも含めて国の責任をいっさい免除するということを考慮して撤去費用を見積もった」と述べました。

民進 蓮舫代表 理事長の参考人招致を

民進党の蓮舫代表は記者会見で、「国有地は国民の財産であり、売買で不明朗なやり取りがあったことを説明しないで終わらせてしまおうというのは全く間違いだ。道を挟んだ、ほぼ同じ土地の売買金額が、一桁違うのでは説得力を持たない。われわれは、学園の理事長の国会への参考人招致を求めているが、与党から前向きな対応が出てきていない。国が取り引きを適正だと言うなら、参考人招致を妨げる理由はない」と述べました。

共産 志位委員長「異常で奇怪な取り引き」

共産党の志位委員長は記者会見で、「異常で奇怪な取り引きだ。国有地という国民の財産を、二束三文の額で事実上、売り渡すことは、政治家の関与なしでは起こりえず、どういう力が働いたのか究明する必要がある。学園の理事長をはじめ、関係者の国会への招致が必要だ」と述べました。



本日の総理のディフェンスライン


「他の政治家が関わっていたかどうかは把握しておらず、答える立場にない」と述べる一方、「会計検査院などが徹底して調査すべきだ」との考えを示した。



トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/25430804
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2017-02-24 19:47 | 安倍晋三 | Trackback