エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

「森友学園事件」(アッキード事件)のキーマン 安倍同郷の迫田英典さん

2015年9月当時の財務省理財局長で安倍晋三さんと同じく山口県下関市出身の迫田英典さん。
彼こそが、今回の「森友学園事件」(アッキード事件)のキーマンです。


迫田 英典(さこた ひでのり、1959年10月11日[1] - )は、日本財務官僚

山口県豊北町(現下関市豊北町)出身[2]山口県立山口高等学校卒業[2]1982年東京大学法学部卒業、大蔵省入省[2][3]竹下内閣内閣総理大臣秘書官補、金融庁信用機構室長、2002年徳島県庁企画総務部長[4]東京国税局徴収部長、関東信越国税局[5]主計局次長、2014年財務省大臣官房総括審議官を経て、2015年7月理財局[3]2016年6月17日、第47代国税庁長官[5][6]


安倍日誌】2015年9月3日
【午後】2時2分から12分、内閣府の松山健士事務次官、黒羽亮輔賞勲局長。17分から27分、財務省の岡本薫明官房長、迫田英典理財局長
http://www.sankei.com/smp/politics/news/150904/plt1509040010-s.html

【安倍日誌】2015年9月4日
【午後】0時13分、同空港発。39分、大阪市中央区の読売テレビ着。1時30分から2時29分、番組収録。
3時3分から45分、情報番組に出演。48分、同所発。4時7分、同市北区の海鮮料理店「かき鉄」着。故冬柴鉄三元国土交通相の次男、大さん、秘書官らと食事。
http://www.sankei.com/smp/politics/news/150905/plt1509050012-s.html


安倍昭恵さんの名誉校長就任は9月5日と言われています。


疑惑の本丸は2つあって、1つは安倍晋三、もう1つは橋下徹と松井一郎を頂点とする大阪(日本)維新の会だ。そのうち安倍晋三の口利き疑惑については、まさかそんなものが簡単に明らかになるはずはないだろうと諦め気味に思っていたのだが、なんと安倍晋三は一昨年の安保法成立直前の2015年9月4日に国会をサボって大阪を訪問(これは当時話題になり、当ブログでも「安倍晋三はもう勝利の雄叫びを上げている」と題した2015年9月7日公開の記事で少し触れている。
 安倍晋三はその1日前の2015年9月3日に、当時の財務省理財局長の迫田英典と面会している。これは首相の動向記録した産経新聞の「安倍日誌」で確認することができる(下記URL)。
http://www.sankei.com/smp/politics/news/150904/plt1509040010-s.html
 この迫田英典という財務官僚は、山口県立山口高校から東大法学部に進み、1982年に当時の大蔵省(現財務省)に入省した人物で、現在は国税局長官を務めている。安倍晋三と同郷であるばかりか、その学歴は岸信介とみごとに重なる。
 その翌日の9月4日、安倍は読売テレビのワイドショー「ミヤネ屋」に出演する名目で大阪入りした。当然妻の安倍昭恵も同行していたとみられる。同じ日の午前10時から12時まで、近畿財務局9階の会議室において、近畿財務局と森友学園との間で売買・価格交渉が行われたのではないかと疑われている。この件で国会で財務省を問い詰めたのが共産党の宮本岳志議員だ。
 これまた同じ9月4日に、安倍昭恵が塚本幼稚園を訪れて「教育講演会」を行った。安倍昭恵は当日の画像をフェイスブックに公開している。この日のフェイスブックは昨日からネットで注目され、この記事を書いている時点で261件の「はてなブックマーク」がついているが、安倍昭恵はまだ消していない(下記URL)。
https://www.facebook.com/akieabe/posts/10153589760261779
 なお、「ネットゲリラ」「きっこのブログ」及び後述の「Buzzap!」は、安倍昭恵の講演会を9月5日と書いているが、昭恵のフェイスブックの日付は9月4日となっている。
 「森友学園と政府が直接交渉を持ったあの日、安倍首相は国会をサボり大阪に飛んでいました」と題された「Buzzap!」の記事(下記URL)を参照すると、この9月4日には、読売テレビ出演(「ミヤネ屋」生出演のあと「そこまで言って委員会NP」のビデオ収録)を終えた安倍晋三が、
故冬柴鉄三元国土交通相の次男、大さん、秘書官らと大阪市北区の海鮮料理店「かき鉄」(同店は冬柴大さんが経営)にて食事
している。さらに同じ日、
国土交通省「平成27年度サステナブル建築物等先導事業(木造先導型)の採択プロジェクトの決定について」にて、森友学園の安倍晋三記念小学校の校舎及び体育館が選出され6200万円の補助金交付が決定
した。
http://buzzap.jp/news/20170225-abe-osaka/
 国会の審議をさぼって安倍晋三が大阪を訪れた日とその前日、ここまで動きが重なっている。
 残念ながら、土地取引そのものはどこまでも適法であるようだ。国会で質問した民進党の福島伸享議員は下記のように述べた(下記引用文は前述「きっこのブログ」からの孫引き)。
 これは怪し過ぎますよ。森友学園の側に立って、国民の財産である国有地をどんどん安くしていってるとしか思えないんですよ。今回のこれらのスキームは、森友学園だけじゃできないと思ってます。その間に入ってる不動産や弁護士ではできないと思ってます。麻生大臣はいつも「手続きは適正だ」と言いますが、これがヒントです。確かに、法令にのっとった手続きを取っていて、今のところ違法な手続きは見られません。しかし、針の穴を通すように、それぞれの制度の例外を巧く活用して、この事業が進められてきました。これは、役人じゃなきゃできません。この貸付の鑑定を行なった時の理財局長はどなたでしょうか?
(2月24日の民進党・福島伸享議員の国会質問。『きっこのブログ』より孫引き)
 この質問に対し、答弁していた財務省・佐川宣寿理財局長は迫田英典の名前を出し渋った。なにしろ、聞かれてもいない前の前の理財局長の名前を口にして、福島議員に「前の前の理財局長など聞いてませんよ。あなたの前の理財局長が誰かと聞いているんです」と言われてしぶしぶ答えた。
 こう書けば、誰だって迫田英典が怪しいと思うだろうし、その迫田が、事がバタバタと進んだ2015年9月4日の前日、9月3日に安倍晋三と面会していた事実が産経のサイトで確認できるのだから、安倍晋三が口利きしたのではないかと思うのが当たり前だ。
 なお、今回の件について、メジャーな出版社のサイトから名の知られた保守系ライターがまとめた記事がある。安積明子氏が『東洋オンライン』に公開した記事「『森友学園問題』は、まだ何も解決していない 土地取引に政治家の関与はあったのか」(下記URL)である。この記事の途中に「否定できない安倍首相の関与」とある。正直に告白すると、この件で安倍晋三を追い込むなんて無理だよなあ」と思っていた私の目を覚ましてくれたのはこの安積氏の記事だった。
http://toyokeizai.net/articles/-/160328
 状況証拠はすべて安倍晋三が「真っ黒」であることを指し示している。
 だから、安倍昭恵が慌てて森友学園のホームページから自らの画像と推薦文を消させ、前の週には森友学園を絶賛していた安倍晋三が突如として「しつこかった」と言い出し、それまでこの件をほとんど報じなかったNHKや読売新聞や産経新聞が、安倍晋三の弁明を中心に報じるようになったのだ。つまり、共産党や民進党に安倍晋三の口利き疑惑や迫田英典の動きをつかまれたことを察知して、安倍晋三を守りに出たといえる。

トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/25456717
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2017-02-27 12:00 | 安倍晋三 | Trackback