エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

ゴミを地下に「埋めた」のではなく「仮置き」と言い出す森友学園 明日から急に搬出、証拠隠滅のおそれも


ゴミを地下に「仮置き」したと森友学園は主張しています。

こういうのを「開き直り」といいます。
それにしても、ゴミはまだ搬出されていない。
いくら処理に金がかかるかも分からない。
そういう状況で大幅な「値引き」を近畿財務局はやったわけです。

「埋めた」を「地下に仮置き」。
これを「代替的事実」(トランプ大統領のコンウェイ上級顧問)といわずして何というのか?!

そもそもそれらがどういうゴミなのか?

明日28日から、急いで搬出されると言うことですが、玉木議員もおっしゃるように、「証拠隠滅」の恐れがあります。

森友学園のプレスリリースを見たが、産廃土を「地下に仮置きした」という意味がよく分からない。「仮置き」を「地下」にするとは、すなわち産廃土を搬出せず地下に埋めていたということではないのか。それを急に明日から搬出するとのことだが、証拠隠滅が図られる可能性もある。早急に調査が必要だ。



学校法人「森友学園」(大阪市淀川区)が小学校用地として大阪府豊中市の国有地を鑑定額より安く取得した問題について、法人は、4月開校予定の小学校のホームページ(HP)に反論を掲載した。工事に関わった土木業者が「建設現場から掘り出したごみの一部を敷地内に埋めた」とする証言に対し、ごみを含む土は「仮置き」状態だとし、今後分別して処理する考えを示した。

【国会で問題視されている取引の内容】

 26日付で掲載された。法人は、施工業者に確認した内容として「工事の手順、工事用地の確保の観点から、グラウンド東側に仮置きしていた産廃土(産業廃棄物の交じった土)の一部を移動させる必要が生じた」と経緯を説明。「仮置きしている産廃土の地下を掘削し、一部の産廃土を縦積みにする形で仮置きした」とし、埋め戻しによる隠蔽(いんぺい)を否定した。また、工事の経過表も公表し、28日ごろから、ごみと土に分別し、分別できないものは産廃として搬出する考えを示した。

 工事に関わった土木業者はこれまでの毎日新聞の取材に、「発注元の業者の指示で敷地内に穴を掘り、ごみが交じった土を埋めた」などと証言している。【津久井達】

トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/25457952
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2017-02-27 15:02 | 安倍晋三 | Trackback