エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

アッキード事件 大阪維新(松井)ルート、大手紙も一斉報道 小学校基準緩和疑惑

松井一郎・大阪府知事が森友学園のために、私立小学校の設置基準緩和をしたのではないか?という疑惑。
大手新聞も昨日、一斉報道しました。
他人事のように松井知事は述べられていますが、あなたの問題ですよ?!基準を緩和したのは、権限を教育庁に移す前のあなたですよ?!
お答えください!松井知事!
クリーンな政治を目指しているはずの大阪維新の名が泣きますよ!?

鑑定価格より大幅に安く取得した大阪府豊中市の国有地で学校法人「森友学園」(大阪市)が新設予定の小学校について、2011年夏に学園側からの規制緩和の要望を受けた後の12年4月に、府が私立小学校の設置認可の審査基準を緩和していたことがわかった。

 大阪府松井一郎知事は28日、「学園の要望によって緩和したのか」との記者団の質問に対し、「違います。外から私学にどんどん入ってきてもらうためにハードルの高い部分を見直そうとした。学園から要望はあったが、小学校だけではなく高校の設置基準も緩和した」と話した。

 府教育庁私学課によると11年夏、学園の籠池泰典理事長から規制緩和の要望を受けたという。12年4月に、府は私立小学校の設置認可の審査基準を見直し、幼稚園しか設置していない学校法人に借入金があっても設置を認める内容に緩和した。

 基準緩和後の14年10月、学園側から設置申請が提出された。基準改正後、他にも通信制高校の設置申請が出された例があるが、小学校設置は森友学園からの1件だけという。

 また、松井知事は、森友学園大阪市内で運営する幼稚園の園児たちが、運動会の選手宣誓で「安倍首相がんばれ」などと連呼していたことに触れ、「不適切だと思う。今後、政治とつながっているような誤解を受けない教育をするよう指導する」と話した。

 小学校の新設予定地で、学園側が掘り出した産廃土の一部を埋め戻していた疑いがあることについて、松井知事は「子どもたちの健康に悪影響が出るとなれば教育庁として認可できないことになる。豊中市にきちんとチェックしてもらいたい」と話した。


さらに、松井知事は以下のようなことも。







大阪市の学校法人「森友学園」が小学校用地として国有地を格安で取得した問題で、大阪府の松井一郎知事は1日、同学園と同学園が運営する幼稚園の存在を初めて知った時期について「今回(国有地問題を報じる)報道が出てからだ」と述べた。「今思い返せば、去年か一昨年、警察の年頭視閲式に来てくれた園児がこの幼稚園の子だったのだろう」と補足した。

 府庁で記者団の質問に答えた。学園の籠池泰典理事長についても、国有地取得に関する報道が相次ぐようになるまで「僕自身は知らなかった」と述べた。【青木純】



ニュースサイトで読む: http://mainichi.jp/articles/20170301/k00/00e/040/274000c#csidx7ce836620abf07ea13dc3fef411d298
Copyright 毎日新聞

こんなことを、誰が素直に信じるでしょうか?
ヤバくなったから逃げた、と言うのが本当のところでしょう。

トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/25476643
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2017-03-01 13:01 | 大阪府政 | Trackback