エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

まだまだ険しい「安倍ジャパン打倒」「日本国復活」の道

関連記事
「身内でズル罪」という罪がない以上、「安倍ジャパン」を打倒し、日本国を取り戻すしかない!

現在の日本、特に、安倍総理が集団的自衛権行使容認の解釈改憲を閣議決定で行ったにもかかわらず2014年12月14日の衆院選で圧勝して以降は、「安倍ジャパン」という体制であり、安倍晋三総理は「安倍ジャパン皇帝」、安倍昭恵さんは「安倍ジャパン皇后」であるといえます。

安倍総理(安倍ジャパン皇帝)とそのお仲間は、国有財産であろうが地方自治体の財産であろうが、やりたい放題の体制が出来たのです。

お仲間でやりたい放題なのだから、わざわざ、業者から政治家へ賄賂、なんてことをする必要もないのです。

それが故に、検察も警察も動けない。
森友学園問題もそういう構図です。
従って、「安倍ジャパン」を打倒し「日本国」(の本来のあり方)を取り戻すしかないのです。

日経新聞のVOTEでは、内閣支持率は6割強から4割弱に急落しています。

批判を受けているときに総裁任期を3期9年に延長したことでげんなりしている人も多いのでしょう。

他方で、まだまだ、頑強に、「何が何でも安倍総理でなければならない」という知識人(グローバルインテリ)が多くいます。「日本会議」や「森友学園」を「君側の奸」のごとく規定し、君奸を切り捨てつつ、安倍総理を持ち上げる知識人が多くおられます。

安倍晋三総理(安倍ジャパン皇帝)を持ち上げている人たちには以下の二種類が大まかに言っておられます。

1,日本会議(森友学園の籠池理事長のようなひとたち)。経済界ではJR東海の葛西さんら。国内産業中心。アメリカで言うとトランプ的。
2,グローバルインテリ(ポストモダニスト)。グローバリズムを信奉する大学教授や、新興グローバル企業経営者。マスコミの幹部社員。アメリカで言うとクリントン的な人たち。小池百合子・東京都知事や小泉純一郎さん、民進党右派、大阪維新も同時に持ち上げる層。

2のグローバルインテリが、現在、1の日本会議を切り捨てにかかっている段階です。

そのありようは、まるで「天皇は神聖にして侵すべからず」ならぬ「安倍晋三(安倍昭恵)は神聖にして侵すべからず」という雰囲気です。

また、リベラル派の知識人にも問題はあります。彼らは清廉潔白な一方で、「みんなで貧しくなろう」などの、いわゆる「清貧論」に流れてしまい、庶民の支持を逃す傾向が見られます。

「それなら、まだ安倍の方がマシかも」と思わせてしまっては、「安倍ジャパン」打倒は夢のまた夢です。

あるいは、まかり間違って「安倍より新自由主義的」な「小池ジャパン」誕生になりかねません。

まだまだ、日本国を取り戻す道は厳しいでしょう。

それでも諦めてはいけないのです。
トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/25546353
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2017-03-08 12:32 | 安倍ジャパン | Trackback