エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

享楽主義的サブカルの帰結としての「安倍ジャパン」

享楽主義的サブカルの帰結としての「安倍ジャパン」

「安倍ジャパン」(安倍総理夫妻とお友達がやりたい放題出来る日本国の状態)と「戦中大日本帝国」の違いは、文化的には明らかです。

「戦中大日本帝国」と「安倍ジャパン」を一緒にしたら、たぶん、東條英機も激怒するでしょう。

「安倍ジャパン」の特徴は、「軽すぎる」ということです。

何ですか?!

こんな時に、平気でスキー三昧。そして講演では「戸惑っている」とか言い放つ「安倍昭恵」皇后は?!

そして、稲田「コスプレ」防衛大臣。それが、「戦地」を視察に行く格好か?!

軽い。あまりにも軽すぎる。

安倍総理=安倍皇帝ご自身も、公私の区別などないのではないか?感覚が麻痺しているのではないか?だから、悪いことの意識もなく、国を私物化しているのではないでしょうか?

だから、安倍皇帝や昭恵皇后に接近してしまた人にとっては、「良い人」に見えてしまうのです。そう。友達になった人にだけは「いい人」に見えてしまうのですよ。

当人たちがあまりに「軽すぎる」から、接する方も気をつけないと取り込まれてしまう。某若手市民派参院選候補が、昭恵さんに「騙された」とされる事件にも妙に納得してしまいます。

もちろん、「戦中」のように「大まじめで破滅に向かって」もらっても困りますが、「安倍ジャパン」の場合は、あまりにも軽すぎるのです。

そして、その軽すぎることの自覚すら、安倍総理夫妻以下、「安倍ジャパン」一派にはないのです。

その安倍ジャパンの文化的土壌は、安倍一派が若かりしころ、すなわち、バブルころの「サブカル」及び「享楽主義」に求められるのではないでしょうか?

サブカル系芸人が、ネタでやる分にはかまわないが、マジでやったら洒落にならない。

安倍一派には、「洒落にならない」という感覚がすっぽり欠落している。

一度目は悲劇。二度目は喜劇。その表現は、「安倍ジャパン」にこそ良く当てはまると思います。


トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/25549703
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2017-03-08 21:56 | 安倍ジャパン | Trackback