エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

小沢さんも「役所仕事とは思えぬ迅速さ」/籠池理事長、経歴詐称?

小沢さんも、役所仕事とは思えぬ迅速さ、としています。

本社社主も役人を10年以上していましたが、たとえば特養など施設系の事業者ならずいぶん長い時間掛けますよ。
あんまり急ぎすぎると、経歴詐称とか、他の機関への提出書類との齟齬とか、いろいろ見逃すことになるわけです。

本当に、今回の学校の件は森友も、そして今治も異常です。

それにしても、理事長、見栄っ張りですね。総務省(自治省)経由で奈良県職員と偽るとは。見栄っ張りだ。
最初から奈良県職員だということを下だと思っている証拠です。

近畿財務局担当者らの参考人招致検討の考え示す

 大阪市の学校法人「森友学園」の小学校新設を巡る問題で、自由党の小沢一郎・共同代表が8日、大阪府豊中市の学校予定地を視察した。小沢氏は「役所仕事とは思えないぐらいのスピードで土地の売却などが進んだ。籠池泰典理事長だけでなく、経過に関わった実務者にも話を聞かなければならない」と述べ、近畿財務局の担当者らの参考人招致を検討する考えを示した。

     小沢氏は同党の森裕子参院議員と、現場をフェンス越しに視察。道路を挟んで東側にある市の公園も訪れた。市が購入した土地の鑑定額が学校予定地の3分の2だったことに触れ、「すぐ隣の土地なのに不可解だ」と話した。【米山淳】



    森友学園が開校を予定している小学校の設置認可を巡り、学園側が大阪府私学課に提出した資料で、同学園の籠池泰典理事長の経歴が事実と異なっていることが分かった。

     学園側は府に対し、小学校の校長に籠池理事長が就任すると説明し、最終学歴や職歴が記載された履歴書を提出。資料は2月22日の私立学校審議会臨時会で示された。そこには、1976年3月に「関西大学法学部」を卒業し、同年4月に自治省(現総務省)に入り、奈良県に出向したと記載していた。

     一方、奈良県などへの取材では、籠池氏は77年3月に関西大の「商学部」を卒業後、同4月に県職員として採用されていた。大学の卒業名簿には籠池氏が77年に商学部卒業と記載されていた。総務省は「76年4月に自治省に採用した記録はない」としている。

     大学の学部や卒業年、就職先に食い違いがあり、私学課が学園側に確認している。【村上正、武内彩】








    トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/25554054
    トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
    ※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
    by hiroseto2004 | 2017-03-09 08:26 | 安倍ジャパン | Trackback