エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

森友のひどさは十分分かった。安倍ジャパン&松井維新の「トカゲのしっぽ切り」を許すな・・・契約書が3通、経歴も詐称。


府に対しては「負債を過小に見せかけるために7億5600万円の契約書」。
国(国交省)に対しては補助金をもらうために23億8464万円の契約書。
大阪空港(騒音対策)に対しては15億5000万円の契約書。
3つを使い分けしていたというとんでもない話です。
さらに、籠池理事長が「自治省ご出身」という経歴詐称もしていたことも発覚しました。
金にも汚い。見栄っ張り。もちろん、教育内容はそのくせ、権威主義。最悪な教育者です。
森友学園と籠池さんのひどさは十分わかりました。
しかし、そういうことを許した大阪府知事(松井一郎さん)や国土交通省(石井国土交通大臣)の
責任も重大です。
そして、そういういい加減な人間がやっている学校法人を持ち上げまくっていた安倍晋三さん、安倍昭恵さん
ご夫妻=安倍ジャパン皇帝皇后両陛下=の責任も重大です。
安倍総理支持層は
1,日本会議(森友を含む) 地方議員、田舎お金持ち、国内産業(代表格はJR東海の葛西さん)。
2,グローバリズムを信奉するジャーナリストや大学教授、新興企業経営者(グローバルインテリ)
に大きく分かれますが、現段階では
2のグローバルインテリ内部の安倍支持層が、必死になって、1の日本会議を切り捨てて「安倍総理をお守り」しようとしています。
「ひどいヤツに騙された安倍ジャパン皇帝ご夫妻」を「お守り」しようとするグローバルインテリ層。
安倍総理でなければ外交が成り立たないとか、そういうことも聞き飽きました。
くどいようですが、日本会議、そして森友学園こそが安倍総理ご夫妻=安倍ジャパン皇帝皇后両陛下=の本質なんです。
エラそうなことを生徒(庶民)に説教しておいて、自分は見栄っ張り。そして公私混同の自覚すらない。
それが安倍一派(安倍ジャパン)の喜劇な本質です。
そして、それを、なぜか、必死で持ち上げるグローバルインテリの皆さん。
そして、安倍昭恵さんに騙された一部市民派のみなさん。
潔く誤りを認めた方が良いのではありませんか?
確かに、安倍一派は、総理ご本人(安倍皇帝)にせよ、昭恵皇后にせよ、稲田大臣にせよ、サブカル系で雰囲気が軽い。
ですから、東條英機とかとは、違うようなイメージを受けてしまうのは
確かです。
しかし、だからこそ、始末に悪いのです。
騙されたなら騙された、見る目がなかったら見る目がなかった。
ところが、市民派にせよ、大学教授にせよ、誤りを認めると自分の価値が落ちると思い込んでいるのかもしれません。
もちろん、【安倍にせっかく食い込んだのに、安倍が倒れては困る】というグローバルインテリの方々も多いのではないかと思います。
一方で、グローバルインテリの本命は、日本のクリントン・小池百合子知事であることも間違いない。
小池知事も、本当は日本会議所属の自民党議員だった経歴もあるのですが、グローバルインテリのみなさんはそういうことにも
目をつぶって次は小池さんを持ち上げるのは目に見えています。
とにかく、「エライ人が身内で日本国を食い物にする」政治=安倍ジャパンを倒すとともに、「日本国」を取り戻す不断の努力が今、必要です。

森友問題・緊急勉強会

講師 小林 節 氏 講演会
3月10日(金)  14:00開場 
14:30開演
資料代500円

場所 衆議院議員第一会館 第3会議室

演題 「教育勅語は憲法違反!
     森友問題をどう戦うか!」

連帯のあいさつ: 藤田 高景(村山談話首相の会・理事長)
ファシリテーター: 小野寺 通(緑のハーモニー調布・代表)
「ドイツの頭から見た森友問題とその先・・・!?」
各運動体から三月中旬からの動きと呼びかけ!
主催:緑のハーモニー調布 
連絡先:東京都調布市仙川町2-3-1ビューハイツ101
代表 小野寺とおる 080-4065-7506
toru.onodera4401@gmail.com

共催:@森友10万人デモ 
村山談話を継承し発展させる会

他サイト関連記事

安倍晋三一派と日本会議・森友学園の「切断処理」を許してはならない




トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/25557164
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2017-03-09 13:49 | 安倍ジャパン | Trackback