エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

東日本大震災、現在進行形で7年目に突入

本日は、東日本大震災が7年目に突入しました。
亡くなられたみなさまに心から哀悼の意を表します。
7年目に突入した、と言う言い方をしているのは、「まだ、現在進行形」だからです。
12万人が避難を余儀なくされている。
原発事故は、燃料デブリ取り出しの見込みすらない。
そんな状態ですので「6年が経った」というよりは、「6年間、現在進行形で7年目に突入した」と表現すべきだ
と思うのです。
そして、前向きに教訓を活かすことが、大事だと思う。
そうでなければ、犠牲者も浮かばれないと思うのです。
ポルトガルでは、1755年にリスボン大震災が発生しました。
欧州人は、以降、非合理主義から合理主義へと転じていったのです。

日本人が、震災を契機にむしろ非合理主義に転じてしまったら、それは愚かなことだし、
多くの犠牲はなんだったのか?と言うことになると思います。

残念ながら、非合理主義的な方向へ日本は突き進んでいる面が多々あるのではないか?
そう思うのです。




トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/25574183
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2017-03-11 09:37 | 東日本大震災 | Trackback