エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

籠池のおっさん、財務省・国交省・府にハシゴを外され、稲田センセにキレる?3月13日のアッキード事件

籠池のおっさんは、
「稲田センセがうちの顧問弁護士や」
と言うてはります。

稲田センセは
「うちの旦那と連名になっていただけや」
言うてはります。

本人答弁と食い違い
 新設小学校の設置認可申請を取り下げた大阪市の学校法人「森友学園」を巡り、13日の参院予算委員会で稲田朋美防衛相と学園の関係についての質疑があった。民進党の小川敏夫氏は、2005年の民事訴訟の準備書面で森友学園の訴訟代理人として稲田氏の名前があると指摘。稲田氏は「森友学園の事案を受任したことはない」などと述べた。
一方、学園の籠池泰典理事長へのインタビューが動画サイトで公開され、稲田氏との関係を質問された籠池氏は「(稲田氏が)衆院議員になる前は顧問弁護士だった」と説明。両者の主張が食い違う事態になっている。
 インタビューしたのはフリージャーナリストの菅野完氏。12日に籠池氏の自宅で収録したとされている。籠池氏はインタビューで稲田氏との関係について「旧知の仲。10年も会ってないというのは籠池の実像を悪くしている気がします」と語った。「1年か2年前、業界の会合でお目にかかった」とも話した。
 参院予算委で民進党の小川氏は「(弁護士の)夫と連名で森友学園の訴訟事案を受任したことはないか」と質問した。稲田氏は「事務所を共同でしているので委任状は共同になっていることはあるかもしれない」と説明したが、「籠池氏と面識はあるが、10年来、全く会っていない」と答弁した。
 大阪地裁で確認できた民事訴訟の和解調書(06年12月)には、原告の森友学園の代理人として稲田氏の夫の名前が記されている。【服部陽、光田宗義】


そやけど、訴訟代理人って本人の承諾なしにはできへんし、もし名義貸しやったらそれはそれで大問題ですやろ。
稲田センセ、ほんまに弁護士やろか?


さらに、以下のような記事まで出てきました。

稲田朋美防衛相が2004年12月、籠池泰典氏が理事を務めていた大阪市の学校法人「森友学園」が起こした民事訴訟の第1回口頭弁論に、原告側代理人弁護士として出廷したことを示す裁判所作成記録があることが13日、関係者への取材で分かった。稲田氏は同日の参院予算委員会で「籠池氏の事件を受任し顧問弁護士だったということはない。裁判を行ったこともない」と述べていた。

学園が04年10月18日に大阪地裁に提訴した同市淀川区の土地と建物の抵当権抹消登記請求訴訟で、訴状の「原告訴訟代理人」には稲田氏と夫の龍示氏、もう1人の計3人が記された。また同地裁が作成した第1回口頭弁論調書には、同12月9日の初弁論に龍示氏を除く稲田氏ら2人の名前が「出頭した当事者等」に記載されていた。
 稲田氏を巡り、民進党の小川敏夫参院議員会長は13日の参院予算委で、学園が関係する民事裁判の準備書面に訴訟代理人弁護士として稲田氏と夫の名前が記されていると指摘。稲田氏は「共同事務所の場合、1人の弁護士の事件についても連名で出すことはある。委任状の中に私の名前があることは推測される」「籠池氏夫妻が『法律相談をしていただいた』と言うのは全くの虚偽だ」などと答弁した。
 稲田氏は1985年に弁護士登録し、夫妻で大阪市内の法律事務所に所属していた。05年の郵政解散総選挙で初当選した。(共同)



それにしても、籠池のおっさん、体制がわに因果を含められ、自分で認可申請を取り下げた。
そやけど、財務省からは土地は買い戻すけど、建物を壊せと言われ、国交省は補助金返せと言うてきおる。
参院予算委員会は13日、安倍首相と関係閣僚が出席して集中審議を行った。
 学校法人「森友学園」(大阪市)が払い下げ国有地で開校を目指していた小学校の認可申請を取り下げたことを受け、財務省は買い戻しに向け12日付で同学園に土地の返還要請を通知したことを明らかにした。
 財務省の佐川宣寿理財局長は質疑で、「(小学校用地として使用する)売買契約上の義務が果たせない見込みとなり、土地の返還を求める契約上の権利を行使する旨を近畿財務局から学園にお伝えした」と語った。
 一方、首相は南スーダンでの国連平和維持活動(PKO)に派遣している陸上自衛隊施設部隊を5月末をメドに撤収させる判断について、昨年9月から国家安全保障局を中心に検討を進めていたと語った。



学校法人「森友学園」(大阪市)が大阪府豊中市の国有地を購入し、小学校の建設を計画していた問題で、国土交通省は13日、学園に交付することを決めていた補助金を取り消し、すでに支払った約5650万円を返すよう求める方針を固めた。 学園が小学校の設置認可の申請を取り下げ、財務省は12日付で土地の返還と校舎の取り壊しを求める方針であることを知らせる通知を出した。国交省はこれらのことから、交付の前提だった小学校の開校が不可能と判断した。
 学園側は2015年、木材を活用した校舎の建築費について国交省に補助金を申請。計6194万円の交付が決まり、すでに約5650万円が支払われている。石井啓一国交相は10日の会見で一般論と断った上で、「(小学校が不認可となった場合は)補助金の交付を取り消し、返還を求めることが出来る」と述べていた。(峯俊一平)


籠池のおっさん、安倍センセにも稲田センセにも、石井センセ(国交大臣、公明党所属)にも、財務相のお偉方にも、松井親分(大阪府知事、維新代表)にも完全にはしごはずされたやさかい、怖いものないんちゃう?

うたって(自白)しもうたら、ええんちゃいまっか。

トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/25606324
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2017-03-14 13:58 | 安倍ジャパン | Trackback