エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

「籠池のおっさん」を巡るコントと一部グローバルインテリの頽廃 (3月15日現在)

「籠池のおっさん」を巡るコントと一部グローバルインテリの頽廃 (3月15日現在)


体制側(安倍ジャパン、大阪府)籠池のおっさんに小学校の認可申請を取り下げるよう諭す

→3月10日 籠池泰典理事長が辞任。ただのおっさんに。認可申請取り下げ

→財務省が校舎を壊せ、国交省は補助金返せと言う

→3月13日 籠池のおっさん、切れて日本国防衛大臣改め、安倍ジャパン大司馬・稲田朋美センセとの関係ばらす

→3月14日 稲田センセが(ほんまは)虚偽答弁を「記憶違い」と謝罪&体制側慌てて籠池のおっさんなだめる?

     日本会議、今になって「6年間に退会」と籠池のおっさん切り捨て

→3月15日 籠池のおっさん、外国特派員記者会見中止。

→3月15日 大阪府(松井一郎大阪府知事改め大阪国王)、籠池のおっさん相手取り訴訟?

籠池のおっさん、ついに体制側にキレ、現役閣僚との金銭授受明かす用意


・安倍ジャパンを支えるグローバルインテリ(上久保誠人センセ、岩田記者ら)

=「グローバルなナショナリスト(笑)」である「安倍ジャパン皇帝陛下」を「お守り」するため、籠池のおっさん切り離しに必死。


籠池のおっさん=切り離されようとすればするほど安倍ジャパン(防衛大臣改め安倍ジャパン大司馬稲田センセらとの)濃厚な関係アピール


籠池のおっさんも大概だが、安倍皇帝陛下にすがってグローバルインテリとしての本来の矜持を投げ捨てる上久保センセ、岩田記者らも情けない!


安倍皇帝と本来のグローバルインテリの違い


安倍総理=欧米風の人権や民主主義などくそ食らえ。戦後体制などくそ食らえ。田舎のお金持ちや国内産業が基盤。アメリカではトランプが近い。ただし、白人による黄色人種差別には強烈な反感がある。


グローバルインテリ=本来はヒラリー・クリントン的なアメリカ万歳。建前はPCで、法治主義。大都市部のフツーのエリートに多い。

ただし、「安倍ジャパン」が長期化する中で、利権(出世)のために、安倍皇帝に屈服。必死で安倍皇帝を擁護している。立命館大の上久保誠人センセ、慶大の細谷雄一センセ、NHKの岩田明子記者ら。平成版の「革新官僚」化している。

トランプやルペンを批判しつつ安倍には及び腰というパターンと、安倍批判に回るが、小池百合子都知事持ち上げというパターンに分かれる。

細谷センセらは、いったい、安倍総理に何を期待しているのか?
ただ、どうやら、高給官僚らインテリ内部でも「安倍のような無能力な人間にはついていけない」という思いから、後ろから刺すような動きもぼちぼち出だしている。

それが今の状況でしょう。



トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/25611312
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2017-03-15 20:12 | 安倍ジャパン | Trackback