エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

地下鉄サリン事件22周年

地下鉄サリン事件から22年になりました。
犠牲者の皆様に心から哀悼の誠を捧げます。
いまだに後遺症に苦しんでおられる方も多いと伺っております。
お見舞い申し上げます。
改めて考えると、日本でも、テロはすでに起きています。
実際、確信をもってテロを起こそうと思われたら、それを防ぐのは難しい。
植松聖被疑者の相模原大虐殺にせよ、フランス・ニースで起きたトラック暴走にせよ
単独犯のテロでした。
2016年宇都宮での栗原敏勝被疑者による自爆テロや、2015年の新幹線自爆テロ。
全部単独犯です。
そして、当時よりテクノロジーが発達した現在、単独でも相当なテロを起こせています。
テロ準備罪=共謀罪で防げる話でもない(国際条約での共謀罪そもそもテロ対策の話ではなかった)。
オウムのようなところに若者を追い込んだり、お年寄りを自暴自棄にさせないような社会にしていくことも
大事ではないか、そう思うのです。
オウム真理教による地下鉄サリン事件から20日で22年を迎え、現場となった東京メトロの霞ケ関駅では慰霊式が行われています。東京メトロ日比谷線・霞ケ関駅では、事件発生とほぼ同時刻の午前8時に、駅員およそ20人が黙祷をささげました。

トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/25624026
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2017-03-20 11:42 | 事故・災害・事件 | Trackback