エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

安倍「皇帝」 防衛大卒業式で「警戒監視や情報収集に当たる部隊は、私の目であり耳であります。」



「警戒監視や情報収集に当たる部隊は、私の目であり耳であります。」
「つまり、最前線の現場にあって指揮をとる諸君と、最高指揮官である私との意思疎通の円滑さ、紐帯の強さが、我が国の安全に直結する。日本の国益につながっています。」

ちなみに、軍人勅諭は、
「朕は汝等軍人の大元帥なるそ。されは朕は汝等を股肱(ここう)と頼み、汝等は朕を頭首と仰きてそ其親(したしみ)は特(こと)に深かるへき。」
です。

まるで、自衛隊が、国民のために働くのではなく、安倍総理の私兵、あるいは「安倍皇帝の皇軍」であるかのような感覚です。

ちなみに、サウジアラビア軍のことは「サウジアラビア王室軍」といいます。
そのサウジアラビアという国名は「サウード家の(による)アラビア」という意味です。

日本の自衛隊も安倍晋三総理=皇帝により「安倍ジャパン皇室軍」(皇軍)とさせられているのではないでしょうか?

もちろん、総理大臣が最高指揮官であることには間違いないです。
しかし、「私が」「私が」が前に出すぎています。





トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/25630539
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2017-03-20 21:48 | 安倍ジャパン | Trackback