エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

日印原子力協定を承認・批准しないことを求める請願署名

日印原子力協定を承認・批准しないことを求める請願署名

★ 賛同署名を、どうかよろしくお願いします!

団体名または個人名を、メールで下記まで送ってください(匿名希望の方はその旨書いてください)sdaisuke@rice.ocn.ne.jp

★ 署名用紙もプリントアウトして広めてください http://www.cnic.jp/wp/wp-content/uploads/2017/03/c7a6b7d4b9d9fd9ded9eef7d3673009c.pdf

賛同 13ヶ国、52団体、319名 (3月18日現在) 下記に掲載

・・・・・・・・・・・・・

内閣総理大臣 安倍晋三 様
衆議院議長 大島理森 様
参議院議長 山崎正昭 様

日印原子力協定を承認・批准しないことを求める請願署名

2 月 24 日、政府は「日印原子力協力協定」(以下、「本協定」)を、承認案件として国会に提出した。私たちは、インドや世界の人びとと共に本協定に反対し、強く抗議するものである。

日本は、唯一の戦争被爆国として「核廃絶と不拡散へ向けた国民の努力」を基本方針としてきたが、本協定の署名・批准は完全にこれに逆行する。インドは核拡散防止条約(NPT)に未締約でありながら、2 度も核実験を強行した国である。本協定を承認することは、日本がインドを事実上の第6の核兵器国として承認することに他ならない。本協定が発効することにより、インドは原発も核兵器も増産することが可能となり、南アジア地域での核軍拡競争の激化を引き起こすことは明白である。本協定は、日本と他国との協定とは異なり、インドに使用済み核燃料の再処理とウラン濃縮なども認める一方、再核実験時の協力停止条項は不明確である。

また、原発メーカーである東芝、日立は、経営不振から原発輸出策見直しに踏み込まざるを得ない状態であり、世界における脱原発の流れは止めることはできない事態に立ち至っている。

福島原発事故後の「原子力緊急事態」が続く日本が、原発輸出を推進することは、人類の社会正義に反する。だからこそインドの原発建設予定地の住民たちは、「日本は原発事故を輸出するな!」と叫び続けるのである。

私たちは、日印原子力協力協定を承認・批准しないことを強く訴えます。

請 願 事 項
1.日印原子力協定を承認・批准しないこと。

・・・・・・・・・・・・・

Signatories

●Australia
Friends of the Earth
Marrickville Peace Group
Palestine Liberation Centre
Gareth W R Smith
Jim Green
Philip White

●Austria

ARGE ja zur Umwelt, nein zur Atomenergie
PLAGE (The Independent Salzburg Platform Against Nuclear Hazards)
Christiane Schmutterer
Heinz Stockinger
Hildegard Breiner

●Bangladesh
RISE Bangladesh
Mujibul Alam Khan
●Canada
Bruce Peninsula Environment Group
Greenspiration
Alice Medcof
Angela Bischoff
Tim Seitz
Ziggy Kleinau

●England
Donna Railton

●Finland
Women Against Nuclear Power
Ulla Klötzer

●India
Peoples Union for Civil Liberties
Poovulagin Nanbargal
Amitadyuti Kumar
Anand Patwardhan
Atul Anand
Kumar Sundaram
Pon Chandran
Rohini Hensman
Suhas Kolhekar
Sukla Sen
Sundarrajan
VaishalI Patil

●Philippines
Nuclear-Free Bataan Movement-Philippines

●Thailand
Supara Janchitfah

●Taiwan
Gloria Kuang-Jung HSU

●Turkey
Pinar Demircan

●USA
Mohammad Imran

●Japan
*日印原子力協定国会承認反対キャンペーン:グリーン・アクション、グループ:南アジアの原発と核兵器、原発いらない福島の女たち、原発メーカー訴訟原告団、原水禁(原水爆禁止日本国民会議)、コアネット(戦略 ODA と原発輸出に反 対する市民アクション)、さよなら原発神戸アクション、「しないさせない!戦争協力」関西ネットワーク、首都圏反原発連合、たんぽぽ舎、特定非営利活動法人(NPO 法人)ピースデポ、特定非営利活動法人(NPO 法人)ふくしま地球市民発伝所、とめよう原発!関西ネットワーク、日本山妙法寺、武器輸出反対ネットワーク(NAJAT)、平和と民主主義をめざす全国交歓会、平和をつくり出す宗教者ネット、認定特定非営利活動法人(NPO 法人)FoE Japan、認定特定非営利活動法人(NPO 法人)原子力資料情報室、ノーニュ ークス・アジアフォーラム・ジャパン、緑のハーモニー調布、美浜・大飯・高浜原発に反対する大阪の会

賛同:I女性会議 伊方原発50km圏内住民有志の会 太田川ダム研究会 おかとん原発いらん宣言2011 鎌倉・岐れ路の会 9条の会おおすみ 研究所テオリア 原発とめよう飯能 原発反対八王子行動(金八デモ) 子どもの未来を楽しくする会・飯能 さよなら玄海原発の会・久留米 全石油昭和シェル労働組合 東北アジア情報センター(広島) 日本キリスト教協議会「平和・核問題委員会」 ハカルワカル広場(八王子市民放射能測定室) 反戦・反核・反原発・平和運動を進める大隅市民の会 反原労(反原発行動実行委員会) ふぇみん婦人民主クラブ マインドライフメンタルケアルーム 浅田明 阿部太郎 安部竜一郎 石橋喜美子 市川勝弘 井上裕子 岩川保久 植谷岳郎 宇野田陽子 江口はるみ 大束愛子 大橋敬子 大橋真司 大橋悠也 大橋龍太郎 岡井友穂 岡田快 岡田純 岡田俊子 おかだだい 岡田良子 岡本尚 奥田さが子 片岡栄子 河崎盛夫 梶川ゆう 桂牧 兼崎暉 河合弘之 川野安紀子 北野幸雄 木村幸雄 倉知博 小園小夜子 小園徹 小林伸子 佐藤大介 佐藤宏 ジーン・イングリス 柴岡泰光 柴岡とみ子 城山大賢 新谷舞子 鈴木雅子 須田稔 舘脇章宏 田中徹 高松大志 土橋涼子 哲野イサク 冨田修司 富山裕美 内藤新吾 永池友輝 永池直孝 永池美保 野村修身 長谷川順子 早瀬あかね 早瀬成憲 北條和明 星川まり 前川幸美 増田博光 松尾哲郎 松下徳二 丸山英秋 皆川純麿 南繁 南野正人 山岸康男 山下光洋 山下靖子 横原由紀夫 吉田収 渡田正弘 and others


トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/25631906
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2017-03-21 11:22 | 声明・申し入れ | Trackback