エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

おくやみ 肥田舜太郎先生

肥田舜太郎先生が亡くなられました。

劣化ウラン弾禁止運動では本社社主もお世話になりました。

合掌。

肥田舜太郎さん 100歳=被爆者医療に尽力

広島原爆で被爆し、医師として被爆者医療に尽力した肥田舜太郎(ひだ・しゅんたろう)さんが20日、肺炎のため亡くなった。100歳。葬儀は26日午前10時半、さいたま市浦和区瀬ケ崎3の16の10のさがみ典礼北浦和葬斎センターで営まれる。喪主は元全日本民医連会長の長男泰(ゆたか)さん。

     軍医として広島陸軍病院在勤中の1945年8月6日に被爆し、直後から被災者救護にあたった。戦後、東京や埼玉で低所得者向けの診療所を開設し被爆者を診察。30年にわたって日本被団協原爆被爆者中央相談所の理事長を務めた。海外の反核団体とも連携して核兵器廃絶を訴えた。

     2009年に医療の第一線から退いた後も、精力的に講演活動を展開。毎日新聞の記録報道「ヒバクシャ」でも反核や平和への思いを語っていた。




    トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/25635732
    トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
    ※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
    by hiroseto2004 | 2017-03-22 19:03 | おくやみ | Trackback