エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

竹下自民国対委員長「あーあー聞こえない」 昭恵「皇后」の証人喚問拒否

民進・共産は安倍昭恵「安倍ジャパン皇后」の証人喚問を要求しました。
当然のことです。片方だけの話を聞いたのではよくわかりません。
「首相や首相夫人が学校の開設などに関わっていた事実はないことが明らかになった」という竹下亘「宦官」もとい自民党国対委員長の言っていることがまったくわかりません。
「総理への侮辱だ!」という理由で証人喚問を叫んだ竹下「宦官」。
証人喚問は、真相解明のためではなかったのですね。
「やばそうだから『そっ閉じ』。」ないし「あーあー聞こえない」ということでしょうか?
ついでにいえば、官僚(迫田英典元理財局長)を参考人招致にとどめるというのもおかしいです。公務員は偽証罪に問われない参考人招致、私人の籠池のおっさんは証人喚問。理屈が無茶苦茶です。

民進党蓮舫代表と共産党の小池晃書記局長は23日、それぞれ記者会見を開き、学校法人「森友学園」への国有地売却問題で、安倍晋三首相の妻昭恵氏について、国会での証人喚問を求める考えを明らかにした。自民党は拒否する構えだ。

 衆参各院でこの日行われた籠池泰典理事長の証人喚問で、昭恵夫人とのやりとりが焦点になった。蓮舫氏は「双方に確認しないと事実は見えない。昭恵夫人に同じ条件で国会に来て頂くしかない」。小池氏も「昭恵氏や松井一郎大阪府知事証人喚問で国会に来てもらう必要がある」と述べた。

 一方、自民党竹下亘国会対策委員長は記者団に、「首相や首相夫人が学校の開設などに関わっていた事実はないことが明らかになった」と述べ、昭恵氏の国会招致についても「ないと思う」と即座に否定した。







官僚の「参考人招致」の不可思議

また、国会では、今日、迫田英典国税庁長官と武内良樹財務省国際局長を参院予算委員会に参考人として招致することになったようですが、これについても、証人喚問ではないため、極端なことを言えば、虚偽答弁をしたり、回答拒否をしても、それ自体には何の制裁もないのです。

実際、この間、矢面に立っている財務省の現・佐川理財局長の答弁の中には、ごみ撤去費用の見積を専門業者にさせず、大阪航空局がした理由について「撤去に時間がかかり、小学校が開校できないと損害賠償訴訟を起こされる恐れがあった」「国が費用を見積もり、学校建設を遅滞なく進ませようとした」(3月6日読売)などという、明確な嘘ではないものの、限りなく虚偽に近いものもあります。なぜ、森友学園の「強い要望」により、原則を曲げて土地を貸してあげた国の側が損害賠償請求を受けるのでしょうか。

また、この間、佐川理財局長は野党からの質問に対して回答拒否や不誠実な回答を連発しています。

なぜ、民間人の籠池氏は証人喚問で、国民の財産を預かる責任者の官僚は、責任を問われない参考人招致なのでしょうか。今日の籠池氏の証人喚問では、この二人の官僚だけでなく、平成28年3月に籠池氏と面談したと思われる財務省の官僚の名前も出てきました。これらの人々も証人喚問すべきでしょう。


トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/25639447
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2017-03-24 09:10 | 安倍ジャパン | Trackback