エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

イラク・モスルで、アメリカの空爆により230人が死亡

イラク戦争開戦から14年以上経った今も、アメリカの空爆で230人が死亡するという悲劇が起きています!

アメリカが主導する国際連合軍の空爆により、イラク西部のモスルで230人の民間人が死亡しました。 その多くは女性や子供だったということです。

イラクの治安筋は、国際連合軍の戦闘機が、民間人が避難していた家を爆撃したとし、これらの家のひとつに避難していた民間人130人の遺体が瓦礫の下から発見されたとしています。

また、「この他の家に対する空爆でも、女性や子供を中心におよそ100人が死亡した」と強調しました。

これ以前にロイター通信がイラクのバグダッドから伝えたところによりますと、国際連合軍によるモスル西部へのこの数日の空爆を受け、数十人の民間人の遺体が瓦礫の下敷きになっており、発見、救出するための作業が続いているということです。


トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/25642916
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2017-03-25 18:18 | 国際情勢 | Trackback