エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

安倍昭恵「皇后」はお友達にとっては「良い人」だが、法治国家から逸脱するならアウトです。

安倍昭恵さんは「良い人」だが、法治国家から逸脱するならアウトです。

安倍昭恵さんにせよ、夫の晋三さんにせよ、「お友達」や「ご夫妻に恩恵を受けた人々」にとっては「良い人」なんです。


だからこそ、特に昭恵さんには、一部リベラル系の政治活動家やその支持者も含めてフラフラッとひかれてしまうのでしょう。それは分からなくもない。


昭恵さんの場合は、スピリチュアリティーなところがある。

それが、片方で「教育勅語暗唱」「安倍総理頑張れ」小学校に入れ込んだり、大麻に入れ込んだり、脱原発に理解を示したりと、表面的には、一貫性がない行動をとる所以です。ふわっと、直感的に「古いものを取り戻す」感性でしょう。確かに、戦前は教育勅語はあったけど、原発はなかったし、大麻は普通に栽培されていた。そういう日本を取り戻したいという感覚なのでしょう。日本人の多くに潜在意識にそういう感覚は残っているのではないか、とも筆者は思うのです。


ただし、行政機構を動かすときはそれではいけないのです。
総理大臣でさえもしてはいけないことを、昭恵さんがもちろん、してはいけないのです。


日本が民主主義国家、法治主義国家である以上、そこのところはしっかりと押さえて頂かないといけないのです。


むろん、今の行政への不満は皆さんお持ちでしょう。しかし、それは、それで、きちんと民主的な手続きを踏んで改善すれば良いのです。選挙だけではなく、直接陳情もありです。ただし、そのときは、きちんと行政側も記録に残す。これは当たり前です。

既存のエリートとかそういうものへの反感の勢い余って、昭恵さん的なものにすがってはいけないのです。

以下の朝日新聞の記事は「もっと早く書いてほしかった」という思いはありますが、今の「昭恵皇后」陛下の異常さをしめしています。
しかし、このような「昭恵皇后陛下」を生んでしまった日本の有り様をもう一度総括しなければならない。
そう思う次第です。




トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/25644471
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2017-03-26 10:13 | 安倍ジャパン | Trackback