エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

安倍ジャパン「政治家からの働きかけ一切なし」答弁を「閣議決定」/「松井大阪」は審査担当職員処分でトカゲのしっぽ切りへ

安倍ジャパンは3月28日の閣議決定で「政治家からの不当な働きかけは一切なかった」との答弁を閣議決定
しました。
こういうことって、閣議決定する性質ではないでしょう。
そして、行政府の判断はそれとして、国会は、国政調査権を行使し、事実解明に全力を挙げるべきです。
安倍昭恵「皇后」の付け人だった経産官僚の谷査恵子さんに責任をおっかぶせて、トカゲのしっぽ切りという安倍ジャパン。
他方で、大阪府(松井一郎知事(国王))も、「当時の担当職員の厳重注意処分など」で済ませる構えです。
安倍ジャパンと松井大阪の「トカゲのしっぽ切り」を許さない!

 政府は28日の閣議で、安倍晋三首相の外遊に同行する昭恵夫人に対し、公用旅券である外交旅券を発給しているとの答弁書を決定した。夫人は「首相の公務を補助する」ため政府の依頼で同行しており、政府専用機の運賃相当の使用料は徴収しておらず、専用機の使用許可申請も不要とした。

 首相夫人を巡り、政府は公人ではなく私人だとしている。

 これとは別に、大阪市の学校法人「森友学園」への国有地払い下げなどを巡り、財務省、国土交通省、文部科学省に対する政治家からの不当な働き掛けは「一切なかった」と否定する答弁書も閣議決定した。いずれも民進党の逢坂誠二氏の質問主意書に答えた。






学校法人「森友学園」(大阪市)の小学校設置認可申請をめぐり、大阪府の向井正博教育長は27日の定例記者会見で、小学校の審査が府の基準に抵触していた疑いがあるとして、当時の担当職員の処分を検討していることを明らかにした。
 府の私立学校審議会(私学審)の審査基準では、学校の敷地は原則「自己所有」とし、借地に校舎を建ててはいけないと規定。しかし、2015年1月の私学審では、森友学園の申請した小学校が借地に校舎を建てる計画だったにもかかわらず、条件付きで認可適当と答申した。その後、学園は16年6月に同府豊中市の国有地を購入した。
 向井教育長は「仕事のやり方として問題があったと思っている」と指摘。経緯を調査し、当時の担当職員の厳重注意処分などを検討する。
 また同教育長は、学園が運営する塚本幼稚園(大阪市)に支給していた障害児を対象とする補助金を、今年度分は停止していることも明らかにした。補助金は1人当たり約78万円で、学園側は昨年度16人分を受給。しかし障害児がほとんど在籍していなかった疑いが指摘されており、府は園への立ち入り調査が済むまでは、支給を見合わせる。(2017/03/27-21:18)

トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/25650963
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2017-03-28 18:09 | 安倍ジャパン | Trackback