エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

憲法24条が改悪されれば介護殺人・児童虐待が増える!

憲法24条が改悪されれば介護殺人・児童虐待が増える!

憲法24条が自民党憲法草案の通り改悪され、「家族の助け合い」が強調されればどうなるか?

介護サービスを利用せずに家族で抱え込む家族が増える。特に、現状でも、ただでさえ、とくに男性ほどその傾向は強い。高齢者虐待の加害者は現状でも息子が一番多いが、それがさらに拍車を掛けて増えるだろう。老いた母親が息子に惨殺される事件が急増する。

子育て家庭は保育サービスを利用しづらくなる。とはいえ、安倍晋三陛下・昭恵皇后陛下は、女性ももっと働け、とおっしゃる。にっちもさっちもいかなくなり、児童虐待が爆増するであろう。

そもそも、草案全体として義務規定が多すぎる。これは欧米の憲法ではなく、金氏朝鮮のそれに近い。

日本国憲法
第二十四条
婚姻は、両性の合意のみに基いて成立し、
夫婦が同等の権利を有することを基本として、
相互の協力により、維持されなければならない。


配偶者の選択、財産権、相続、住居の選定、離婚
並びに婚姻及び家族に関するその他の事項に関しては、
法律は、個人の尊厳と両性の本質的平等に立脚して、
制定されなければならない。

自民党草案(安倍ジャパン憲法)
第二十四条
家族は、社会の自然かつ基礎的な単位として、尊重される。
家族は、互いに助け合わなければならない。


婚姻は、両性の合意に基づいて成立し、
夫婦が同等の権利を有することを基本として、
相互の協力により、維持されなければならない。


家族、扶養、後見、婚姻及び離婚、財産権、相続
並びに親族に関するその他の事項に関しては、
法律は、個人の尊厳と両性の本質的平等に立脚して、
制定されなければならない。


トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/25651051
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2017-03-28 18:46 | 憲法 | Trackback