エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

備忘録 南スーダン撤退

2012年
民主党政権が南スーダン派兵決定。

2015年
9月
安保法強行。

2016年
7月
ジュバで大規模な戦闘。

2017年
2月1日  総理、南スーダンで死傷者なら総辞職覚悟。

3月10日  南スーダンからの自衛隊撤退表明。

発表のタイミングは森友隠し。
動機は総辞職と言ってしまった以上、治安状況の悪化にびびった。

日報隠し→制服組ではなく背広組の意向?
安倍「皇帝」に近い筋の策動。
ただし、自衛隊内部に稲田朋美防衛大臣への不満から暴走へのハードルが下がっているのも事実。

また、そもそも1999年以降の国連PKOは、住民の安全にも責任を持つ=紛争当事者になる性質に。
国際人道法で自国「軍」を裁く仕組み必須→日本はなし。
日本はそもそも南スーダンPKO派兵は無理だった‼
またもっと言えば敵国条項が残っている以上、日本の武力行使参加は無理との結論もあり得る。
そうした議論をすっ飛ばし、総理=安倍皇帝の皇軍の如く自衛隊を使役している状態。


トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/25655433
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2017-03-30 11:30 | 安倍ジャパン | Trackback