エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

イラク「アメリカ軍の軍事拠点はいらない」

現実にISISとドンパチが続いているイラク。そのイラク政府ですら、アメリカ軍の軍事拠点はいらない。このように言っています。

世界屈指の武力を持つ日本、それも地続きの脅威がない日本がアメリカ軍の基地を進んで受け入れていると聞いたらイラクの人は驚くでしょうね!!


イラク政府が、領内におけるアメリカの軍事拠点の設置に反対しました。

イラクのジャアファリ外務大臣は、(ロンドン発行のアラビア語の新聞アッシャルゴルアウサトのインタビューで、)イラク政府は、アメリカの軍事顧問の派遣と軍事訓練の提供のみに同意する」と語っています。

これ以前に、イラクのアバディ首相は、イラクにおけるテロ組織ISISの完全消滅の日は近いとし、「アメリカ軍を初めとするイラクに駐留する外国軍兵士の数を減らすべきときが来ている」と述べました。

アメリカは、2011年にイラクから軍を撤退させましたが、2014年、そしてISISの出現後は再び、イラクに軍を駐留しており、現在、イラクにはおよそ5000人のアメリカ軍兵士が駐留しています。


トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/25657139
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2017-03-30 19:13 | 国際情勢 | Trackback