エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

イスラエル政府「入植地に来ませんか」イラン在住ユダヤ教徒「今のままで結構です」

イランに住んでいるユダヤ教徒に「パレスチナの入植地に移住しませんか?」と誘ったら断られたとか。
それはそうです。せっかく、イランでそれなりの生活をしているのに、パレスチナ人に憎まれる役目なんて
誰もしたくはありません。

シオニスト政権イスラエルの関係者が、イランのユダヤ教徒を説得し、占領地に移住させるための努力に失敗したことを認めました。

パレスチナの通信社が11日火曜、シオニスト政権の地域協力副大臣の話しとして伝えたところによりますと、真剣な努力にも拘わらず、この政権は、イランのユダヤ教徒を占領地に移住させることができなかったということです。

イラン国会のユダヤ教徒の議員は以前、「イランのユダヤ教徒が圧制を受けている」としたシオニスト政権のネタニヤフ首相の主張を受け、「イランのユダヤ教徒は、このような馬鹿げた発言を信じておらず、この唯一神の土地の市民として、常にイスラム体制を守り、文化を発展させるための努力を行ってきた」と語りました。

また、1979年のイスラム革命前にテヘランに駐在していたシオニスト政権の元外交官は、以前、イランのユダヤ教徒は平穏な生活を送っていると語っていました。


トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/25688975
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2017-04-11 23:13 | 国際情勢 | Trackback