エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

またベルギー人?パリで銃撃テロ

大統領選挙の投票を前にして、テロです。
被疑者はベルギー人との報道もありますが、それが事実なら、となると、ますます、テロ対策と称してシリアを空爆することに意味があるのでしょうか?まずは、先進国内部で若者がそういう方向に向かわないよう努力することが大事ではないか、と思います。
あと、日本は確かに共謀罪はないが、銃の規制は厳しいので、テロ対策という意味では、銃規制が甘い米欧よりは進んでいるのではないか、と思います。

【パリ=三井美奈】フランスのパリ中心部シャンゼリゼ通りで20日夜(日本時間朝)、駐車していたパトカーを男が銃撃し、内務省によると警官1人が死亡、2人が重傷を負った。イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」(IS)がインターネット上で犯行声明を出した。

 オランド大統領は20日夜、テレビ演説で、「テロ事件だと確信している」と述べた。フランスでは23日に大統領選の第1回投票が行われる予定で、選挙にあわせて行われた犯行の可能性がある。

 内務省報道官によると、事件は午後9時(日本時間21日午前4時)ごろに発生。駐車中の警察車両のそばに車が止まり、車から出てきた男が警察車両に発砲した。自動小銃が使われたとしている。パリ検察のモランス検事は、外国人観光客1人が破片を受けてけがをしたと明らかにした上で、共犯がいるか否かを調べていると述べた。日本人が巻き込まれたという情報はない。

 ISの声明は、IS系メディアのアマク通信を通じて報じられた。仏民放テレビBFMによると、声明は「攻撃したのは、ISの戦士であるベルギー人のアニ・ユセフ」だとしているが、真偽は不明。警察はパリ東郊シェルで犯人の自宅と見られる住居を捜索した。



トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/25712974
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2017-04-21 11:48 | 事故・災害・事件 | Trackback