エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

治安維持法とセットの公選法は変らないままという事実

治安維持法とセットの公選法は変らないままという事実

現行の公職選挙法は、実を言えば、1925年の治安維持法とセットで出来たときから女性参政権を除くと変っていない部分が多いのです。

いわゆる「べからず選挙」です。

日本の選挙は、外国のそれと比べて、あまりにもしてはいけないことが多すぎるのです。それだけ、政党や候補者にアクセスする手段も国民から見ても限られると言うことになります。

さらに言えば当局による解釈の幅もあり、当局による恣意的とも思える立件も少なくありません。

治安維持法とセットの公選法が92年間ずっと変っていなかった。そうした中で、廃止されたはずの治安維持法が、共謀罪という形で復活しようとしています。

トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/25769028
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2017-05-13 08:44 | 選挙制度・政治改革 | Trackback