エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

朝鮮のミサイルでは外国人は死んでいないが、アメリカの戦闘機は外国人を殺しまくっています

朝鮮のミサイルでは外国人は死んでいないが、アメリカの戦闘機は外国人を殺しまくっています。

アメリカ主導の連合軍の戦闘機がシリアを空爆し、少なくとも民間人12人が死亡しました。

ロシア・アルヨウムによりますと、13日土曜、シリアのラッカにある住宅地を連合軍の戦闘機が空爆し、一家7人が死亡しました。

また、シリア東部のデリゾール郊外に対する空爆でも、少なくとも5人が死亡しました。

さらにハマの北部も空爆を受けています。

これ以前にも、連合軍の戦闘機は、テロ組織ISISに占領されているラッカの住宅地を爆撃しました。

この攻撃の犠牲者の多くは民間人でした。

この攻撃は常に、シリアの政府や人権擁護団体の抗議に直面しています。

シリア危機は、アサド大統領の転覆を目的に、サウジアラビア、アメリカとその同盟国の支援を受けたテログループの大規模な攻撃により、2011年から始まりました。


トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/25773570
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2017-05-15 06:48 | 国際情勢 | Trackback