エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

第12期イラン大統領選挙、現職のローハーニー大統領の留任確定


イラン大統領選挙はローハーニー大統領の再選が確定。
日本の安倍総理も含む各国首脳も祝辞を送りました。

第12期イラン大統領選挙の開票作業の最終結果により、現職のローハーニー大統領が合計2300万票以上を獲得し、2期目も大統領を務めることが決定しました。

第12期イラン大統領選挙は19日金曜、第5期市町村議会選挙と同時に実施されました。

今回は、投票への参加者の数が多かったため、投票時間を3回にわたり延長し、最終的に現地時間で19日の24時まで投票を受け付けました。

イランイスラム革命最高指導者のハーメネイー師は20日土曜、19日に行われた選挙に際してのメッセージの中で、人々が選挙に盛大に参加したことに関して、感謝を述べました。

イラン内務省のラフマーニーファズリー内務大臣は、現地時間の20日土曜午後、記者団に対し、「開票された4122万131票の有効票のうち、現職のローハーニー大統領がおよそ2354万9616票を獲得し、大統領に再選された」と語っています。

また、「今回の選挙では、ローハーニー大統領に次いでそのほかの候補者であるライースィー師が1578万6449票、ミールサリーム候補が47万8215票、そしてハーシェミータバー候補が21万5450票という結果となった」と述べました。

今回の2つの選挙での有権者数5641万234人のうち、実際には4000万人以上のイラン国民が参加しており、投票率は70%以上と発表されています。


http://parstoday.com/ja/news/iran-i30422






世界各国の首脳が、イランのローハーニー大統領の再選を祝っています。

シリア、ロシア、中国、フランス、イラク、レバノン、アフガニスタン、ベラルーシ、アゼルバイジャン、タジキスタン、アルメニア、ベネズエラ、カザフスタンの首脳が、それぞれ個別にローハーニー大統領の再選に祝辞を述べました。

また、日本、イタリア、インド、パキスタン、クウェートの首相やオマーン国王、レバノンのシーア派組織ヒズボッラーのナスロッラー議長、EUの外務安全保障政策上級代表、アフガニスタンの行政長官、日本、イギリス、ノルウェー、ドイツの外相も、それぞれローハーニー大統領に祝辞を述べています。

シリアのアサド大統領は、ローハーニー大統領に宛てたメッセージで、19日金曜の選挙の当選を祝うと共に、イランの大統領選挙は世界の模範だとしました。

中国の習近平国家主席も、祝辞を述べ、中国とイランの関係は目覚しく拡大しており、このよい流れが続くだろうとしました。

フランスのマクロン新大統領も、ローハーニー大統領への祝辞の中で、経済、学術、文化における両国の関係強化を求めました。

また、核合意の実施を強調しているとしました。


トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/25789952
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2017-05-21 21:29 | 国際情勢 | Trackback