エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

白色テロに抗議、反政府デモ バーレーン

バーレーンでは、先日起きた政府による白色テロに対して、抗議のデモが起きています。




バーレーン各地で抗議デモが行われ、高位聖職者ガーシム師の邸宅に対する政府軍の襲撃が非難されました。

イルナー通信によりますと、バーレーン軍は抗議者を解散させるために彼らと衝突し、催涙ガスを使いました。

バーレーン政府は21日日曜、ガーシム師に対する1年間の禁固刑と資産の差し押さえを決定し、これにより、人々の抗議を招きました。

バーレーンの治安部隊は、抗議者を弾圧し、これにより数名が死亡、280人以上が負傷しました。

国際人権団体アムネスティ・インターナショナルも、25日木曜夜、「バーレーンの治安部隊は23日火曜に平和的な抗議運動を行った人々に対して武力を行使した」としました。

アムネスティインターナショナルはまた、23日の襲撃の中で、5名が死亡、数百名が負傷したとしました。

バーレーンでは2011年2月14日から抗議運動が行われており、人々は自由や公正の確立、差別の撤廃、選挙による体制の樹立を求めていますが、政府は反対派の指導者の多くを逮捕し、口実をつけて長期間にわたり刑務所に拘束しています。


トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/25802590
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2017-05-27 00:21 | 国際情勢 | Trackback