エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

内なる「共謀罪」=「村社会」もこの機会に総括しよう

法哲学的に言えば、共謀罪とは、全体の奉仕者であるべき公務員が、一部の人間の意を受け、国民を監視する。
そういうことです。
江戸時代に象徴的な「お上に従う」意識、異質な物を排除する村社会意識。こう言う物を、法律で明文化する。それが共謀罪です。
ポストモダンと言われて久しい現代でも、村社会意識は強く、それが学校内いじめはもちろん、ママ友グループ内いじめとか、いわゆるブラック企業とか、イッキ飲みとかに根強く残存している。
これらは「内なる共謀罪」である。
「内なる共謀罪」の延長線上に安倍ジャパンの共謀罪がある。
そうかんがえると、異質な物を排除したがる日本の村社会、お上に従う意識。こうしたものの打倒が今、必要です。

トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/25842635
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2017-06-13 11:52 | 思想・哲学 | Trackback