エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

繰り返す「近代の超克どころか、前近代に逆戻り」

繰り返す「近代の超克どころか、前近代に逆戻り」

第二次世界大戦の日本は「近代の超克」とかいっておいて、その実は時代錯誤の前近代的非合理主義への逆戻り。軍国主義の枠内の合理主義を唱えただけの三木清も投獄。

現代日本(安倍ジャパン)は「岩盤をドリルであける」とかいって、その実は、お友だちに便宜を図り、批判者は「テロ」呼ばわり。


歴史は完全一致ではないが繰り返す。


だいたい、現時点の日本で、「近代立憲主義を踏まえた合理主義」を乗り越える思想は無理ではないでしょうか?

ブラック企業とかイッキ飲みとかママ友いじめとかはびこる日本で。


もちろん、「近代立憲主義」「合理主義」を採用する米英仏帝国主義が途上国に空爆しまくりで、核兵器や原発を産み出したのも事実です。


だけど、じゃあ日本が立憲主義も合理主義も放り出したら欧米未満にしかならない。


だいたい、「日本」といっても、「純粋な日本」ってどこにもない。いろんな国からいろんな文化を取り入れたのが日本なんだから。その現実を踏まえないといけない。


「時代状況にマッチした立憲主義を踏まえた合理主義」で地道に行くしかないと思います。新しい思想もその延長線上だと思いますよ。


トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/25846053
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2017-06-14 12:07 | 思想・哲学 | Trackback