エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

あなたも「座敷牢」に!?精神保健福祉法改悪を廃案に!

あなたも「座敷牢」に!?精神保健福祉法改悪を廃案に!

精神障がい者への差別を強化する精神保健福祉法改悪案。
今国会での成立は与党は断念しました。

植松聖被告人による相模原大虐殺を契機に、精神障がい者への「取り締まり」を強化しようというものです。

しかし、そもそも、植松被告人は【責任能力あり】として起訴されました。

植松被告人は現代日本においては、むしろ「お国や会社に役に立たない奴は死ね」的な「主流派」の思想に基づき、「白色テロ」(権力サイドによるテロ)を買って出ただけのことです。

石原慎太郎さん、麻生太郎さん、曽野綾子さん、長谷川豊さん、片山さつきさん。選挙で大量得票したり、TVや文壇で人気を博しているそうそうたる大物が、植松被告人と同じ思想です。

今の日本の国歌はもはや、「君が代」ではない。
「役立たず、ぶっ殺せ、植松は、エライ人、そんなの常識、たったたらりら」
である。

会社やお国に役立たないヤツは死ね。そんな発想である。

さて、精神保健福祉法改悪では、第二、第三の植松の犯罪は防げない。そもそも、植松は、起訴されて責任能力あり、なのだから。

「役立たずは死ね」的な日本の政治を「個人の尊厳を守る」政治に転換するのが一番の「相模原大虐殺防止」策である。

それでも、与党が法改悪に最後までこだわったのはなぜか

ずばり、
「権力に都合が悪い人間は精神病扱いし、精神病院に『座敷牢』的に押し込む」
のが狙いではないのか?

「反基地運動家、共謀罪で逮捕!」
なら報道もなされ、ネットでも瞬く間に広がり、左翼の活動家仲間も抗議するだろう。

しかし、
「あいつ、いつのまにか、入院したらしい」
では、なかなか抗議の声もあがらないだろう。
本当に、メンタルを病んだのか、警察や自民党の陰謀で入れられたのかは分からないから。

そんなバカな、とおっしゃるかもしれない。

だけど、江戸時代にはそういうことはあった。

「キテレツ大百科」の主人公の先祖のキテレツ斎は、座敷牢に閉じ込められ、不幸な最後を迎えたと言う。当時の幕府にとって秩序を乱しかねない発明をした人間は、座敷牢へ。
こういうことだったのだろう。

あるいは、既得権益に切り込む改革をしようとした藩主が家老らによって座敷牢、ということもあったらしい。

時代を下って明治。自民党派閥の長も務めた津島雄二さんをはじめ、保守系大物政治家を多数出した津島家。津島雄二さんの義父・太宰治(津島修治)は、日本共産党にかぶれたためだろうか、親族から「脳病院」に突っ込まれた(「人間失格」)。

都合の悪い人間は、自民党系医師の診断を経て精神病院に突っ込む。政権批判は「被害妄想の統合失調症の症状」として「診断」する。そんなことが、ないと言えるだろうか

こんなことを書いていたら法改悪が成立した後は、
「お前も措置入院だ!」
になったりして。
くわばらくわばら。

「戦前」どころか「封建時代」を取り戻す、安倍晋三。
早々に倒さないと大変なことになる。







政府・与党は15日、相模原市の障害者殺傷事件を踏まえ、措置入院制度を強化する精神保健福祉法改正案の今国会成立を断念した。18日までの会期を延長しないことになり、審議日程が足りないためだ。政府による法案の概要資料変更に野党が反発し、審議が滞っていた。継続審議となる見通しだ。

法案は、措置入院を終えた精神疾患患者に支援を続けることを自治体に義務づけるのが柱。協議会設置も義務づけられ、警察が参加して地域の精神障害者らへの対応方法を話し合うことなども盛り込まれている。

 4月7日の参院本会議で審議入りしたが、警察の関与に対して野党が「精神障害者が監視され、人権侵害になる」と反発。特に「事件が精神障害が原因となって起きたと誤解され、差別や偏見が助長される」との批判を強めた。


トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/25850916
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2017-06-16 14:56 | 安倍ジャパン | Trackback