エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

「総理、憲法を守る気がないなら公務員をお辞めになってからご自由に」

本社社主・さとうしゅういちは、共謀罪法案が未明に強行可決され、また、午後には加計学園問題で「総理のご意向」文書が存在したことが明らかになった6月15日(木)、広島市安佐南区各地で、総理の退陣と全ての違憲立法の廃止を求める街頭演説を行いました。

e0094315_15291798.jpg
中筋駅前
e0094315_15293150.jpg
古市橋駅前
e0094315_15294379.jpg
ゆめタウン祇園前




共謀罪が委員会採決もすっ飛ばし、与野党が対立する法案では前代未聞の「中間報告」を経て
本会議で強行採決されたことを批判。
そして、直前に飛び込んだ、加計学園疑惑で「総理のご意向」文書があったという文科省の再調査結果を
お知らせしました。
「文書なんて、そもそも電子データで保存されていたのだから、どうせ、あったことはとっくにおそらく分かっていたろう。
結局、総理が疑惑から逃れようとして、共謀罪強行採決の直後に再調査結果を発表したのだろう。」
と批判。
その上で
「そもそも、国家戦略特区そのものが、憲法95条違反である。憲法95条によれば、特定の自治体に特定のルールを適用する場合は、
住民投票を経て国会は制定しなければならない。広島は1949年に平和記念都市建設法をそういう形で制定している。
そうでないと、いい仕組みにならないから。」
「加計学園獣医学部の場合、今治市民も歓迎していない。62.6%の市民が獣医学部誘致より市民の福祉や教育に
使って欲しいとこたえている世論調査結果もある。
また、公務員の獣医は不足しているが、それは待遇改善で事足りる話。
獣医学部設置など必要ない。」
と指摘。
「総理は、公務員だから全体の奉仕者でなければならない。しかし、お友達の奉仕者と化している。そんなにお友達に尽くしたいなら総理はもちろん、議員も辞めてから自由になさったらどうか?」
と勧告しました。
さらに、共謀罪や安保法などこれまでの数々の総理がごり押ししてきた法律について、
「憲法違反の連続である。安倍晋三さんが憲法を守りたくないなら、総理はもちろん、議員も辞めてから。それなら自由だ。」
と指摘。
その上で
「政権交代を実現し、共謀罪も含む違憲の悪法は全て廃止しよう。」
と呼びかけました。

そして、以下のような見解を示し、演説を締めました。

安倍晋三さんも公費で難病の治療ができることは、我が国の法制度において、憲法25条が生きている部分であり、これについては断固として支持しなければならない。

障害者は死ねとか、人工透析の患者は死ねとかそういうイデオロギーとは断固として闘わないといけない。もちろん、安倍晋三さんにも生存権はあるから、「安倍死ね」などと言ってはいけない。

それとともに、安倍晋三さん自身は、数えきれないほどの憲法違反をやった。ここでいちいち上げるのも面倒である。ですので、いますぐ、総理はもちろん、国会議員も含めて公務員を辞めることを勧告する。

もちろん、安倍晋三さんが、一般市民として、自由に言論活動をされることは、擁護する。公務員ではないのだから、憲法を「こうしろ、ああしろ」と言おうが、自由である。
その場合、安倍晋三さんの言論を弾圧する目的で共謀罪を安倍晋三さんに適用することには断固として反対する。

以上。



トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/25851071
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2017-06-16 16:01 | 活動報告 | Trackback