エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

なぜ、憲法は「特区」に住民投票や国会決議を要求しているか?

なぜ、日本国憲法は「特区」に住民投票や国会決議を要求しているか?
日本国憲法は、「国家戦略特区」のようなことをやるときは、住民投票と国会決議、双方が必要だ、としています。

第九十五条
一の地方公共団体のみに適用される特別法は、法律の定めるところにより、その地方公共団体の住民の投票においてその過半数の同意を得なければ、国会は、これを制定することができない。

憲法は良く出来ていると思います。今の加計学園問題のようなことを防ぐために、この条文があるのです。

総理擁護派(=加計学園獣医学部賛成派)は、「公務員獣医が不足しているから獣医学部は新設が必要だ。」とし、反対派を「獣医師会の既得権益を守っている」などと批判しています。だから「岩盤規制に穴を開けるため、総理が主導しないといけない」というわけです。

しかし、冷静に考えれば、公務員獣医不足は、くどいようですが、獣医学部新設ではなく、公務員獣医給料アップで解決する問題です。獣医学部をつくっても、卒業生が、ペットショップなどに就職したら問題は解決しないのですから。

それなのに、「総理のお友達による獣医学部新設」という税金の無駄遣いに行ってしまったわけです。

国会と(今治市民の)住民投票というダブルチェックがかかっていれば、こんなことにはならなかった。

そもそも、総理擁護派(=加計学園獣医学部賛成派)だって既得権益はあるのではないですか?
「公務員叩きで票を集める」
「『人作り』という名の利権の汁を吸う」
という既得権ですよ。

若い候補者が公務員さえ威勢良くぶったたけば、特に大阪周辺では自治体によっては楽勝な議員選挙っていくらでもあります。
「公務員叩き利権」とでも言うべきものは確かにある。
そして、「人作りが大事」といって、補助金を取る。
これも、一種の既得権ですよ。

加計学園、獣医師会、両方に既得権はあるけれど、だからこそ、国民のために一番いい解決策はなにか?
これを住民投票と国会のダブルチェックで出せばいいわけです。
それをさせないから、今回のようなことが起きたわけです。
改めて「憲法は良く出来ている」と実感しましたよ。




トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/25869092
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 広島瀬戸内新聞ニュース(.. at 2017-06-24 14:52
タイトル : 「給料上げずに人作り利権。」安倍晋三。
「給料上げずに人作り利権。」安倍晋三。 なぜ、憲法は「特区」に住民投票や国会決議を要求しているか? 安倍晋三さんは、公務員獣医など人手不足の分野の給料を上げるという話ではなく、大学をつくって、「人作りだ」とPRし、お友達の私学経営者の利益を図っていくことを鮮明にしています。 ここへ来て、急に「教育無償化のための改憲」などとぶち上げたのも怪しいでしょう。 怪しげな大学でも無償で入れるようにすれば、お友達が儲かる。そういうことではないのか? 「生まれ育った家庭によっ...... more
by hiroseto2004 | 2017-06-24 14:26 | 憲法 | Trackback(1)