エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

政権に「過信」と榊原経団連会長 支持率急落に

経団連が安倍総理に期待していたことはグローバル大手企業への利益誘導。
ところが、安倍総理は、どちらかというと、お友達への利益誘導に走ってしまった。
「安倍総理が想定外」に腐りすぎていて、経団連としても困った。というところなのでしょう。
内心は腸が煮えくりかえっているのではないでしょうか?
たぶん、今後は、経団連は都民(小池)ファーストを自民党への対抗馬として押し上げていくと言うことも
あり得ると思いますね。この場合は自民と小池ファーストを「真正の新自由主義」方向へ競わせていくということでしょう。

経団連の榊原定征会長は26日の記者会見で、安倍政権の支持率が急落していることに触れ「これまで支持率の高い状態が続いたため過信があったと思う」と述べ、加計学園の獣医学部新設計画を巡る問題について説明不足との見方を示した。

 経団連は安倍政権との関係を「車の両輪」と自負しており、榊原氏が安倍政権に苦言を呈するのは珍しい。榊原氏は首相の政権運営について「国民の理解を得られる国会運営、答弁がなされなかった。そういう点は是正してもらいたい」と注文した。

 また安倍政権を支持する大前提として、政権との信頼関係が欠かせないと強調した。


トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/25875888
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2017-06-27 11:19 | 安倍ジャパン | Trackback