エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

ヒューマンライツ・ウォッチ、「米はサウジへの支援を止めるべき」

アメリカはサウジアラビア(国王・サルマン被疑者)への支援を止めるべき。
全くその通りです!

国際人権団体ヒューマンライツ・ウォッチが、サウジアラビアに対するアメリカの支援の停止を求めました。

イルナー通信によりますと、ヒューマンライツ・ウォッチの最高責任者であるケネス・ロス氏は2日日曜、ツイッター上で、「サウジアラビアの手に渡ったアメリカ製の武器が、イエメン市民を殺害する要因となっている」と語っています。

また、サウジアラビアに対するアメリカの支援を批判し、「アメリカは、サウジアラビアに対する支援や武器の売却を停止すべきだ」と述べました。

アメリカのトランプ大統領は、最近のサウジアラビア訪問で、サウジアラビアに最新鋭の武器を売却する1100億ドル相当の協定に調印しました。

サウジアラビアは2015年3月から、アメリカやその他の西側諸国の支援を受けてイエメンへの攻撃を開始し、同国の女性や子どもを殺害しています。


トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/25890133
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2017-07-03 17:54 | 国際情勢 | Trackback