エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

【備忘録】自民党の共倒れというが、絞れば通ったかは疑問

【備忘録】自民党の共倒れというが、絞れば通ったかは疑問

都議選で「自民党が共倒れした」ということが良く言われているが、絞ればすんなり通ったと思うのは少々底が浅いと思います。

地方選挙では、それこそ「国政では民進党や共産党に入れていても、都道府県議選では、よく知っている近所の自民党の**先生」という方は良くおられますよ。

自民党が候補者を半分に絞るということは「**先生」が消滅すると言うことであり、そこに入っていた民進党や共産党の支持者は、民進党候補、共産党候補に戻る可能性もある。
「同じ自民党でも**先生はいいけど××先生は嫌い」と言うタイプの有権者は棄権する。

だから「絞れば良かった」というのは後智恵に過ぎない。
負けるときと言うのはどうあがいても負けるべくして負けるのですよ。結局、逆風で票の総量が減ってしまったことが根本原因で「絞れば良かった」なんて自民党の幹部自身がこれっぽちも思ってはいないと思います。

今後の選挙分析を誤らないために書きのこしておきます。

トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/25898802
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2017-07-07 17:44 | 安倍ジャパン | Trackback