エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

核兵器禁止条約採択、後で笑いものになるのは安倍内閣と被爆地出身の外相

e0094315_17380107.jpg
e0094315_17391559.jpg



日本時間の2017年7月8日、国連本部で行われていた核兵器禁止条約の交渉で条約案が採択されました。核兵器の開発、実験(爆発を伴わないものも含む)、保有、使用だけでなく、使用の威嚇も含め禁止される内容となりました。このことを受け、世界最初の戦争被爆地ヒロシマの原爆ドーム前に市民が集まり、核兵器禁止条約採択を歓迎する集会が行われました。
参加者から核兵器禁止条約の交渉経過などについて報告の後、
「核兵器禁止条約採択に際してヒロシマ共同声明」を採択しました。
秋葉忠利・前広島市長も挨拶。
「今日は大事な出発点。9月20日に署名が始まる。各国の行政の態度を示す良い機会である。そして議会に付される。50カ国を超えれば条約として効力を持つ。」
「核兵器を明確に禁止する国際法がないために、それに漬け込んで核兵器が生き延びてきたともいえる。核兵器国際法違反ではないという発言もできなくなくなる。」
「核保有国も核兵器依存国も署名せざるを得ないだろう。そのときに笑いものになるのは安倍内閣であり、被爆地出身でありながら看過している外相だ。」
と指摘。
「ヒロシマの意気を示し、世界と一体となり、核兵器が廃絶されるまで頑張ろう。」
と檄を飛ばしました。

トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/25900931
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 広島瀬戸内新聞ニュース(.. at 2017-07-09 13:38
タイトル : 核兵器禁止条約全文
関連記事 核兵器禁止条約採択、後で笑いものになるのは安倍内閣と被爆地出身の外相 【前文】  本条約の締約国は、国連憲章の目的と原則の実現に貢献することを決意。  核兵器の使用によって引き起こされる破局的な人道上の結末を深く懸念し、そのような兵器全廃の重大な必要性を認識、全廃こそがいかなる状況においても核兵器が二度と使われないことを保証する唯一の方法である。  偶発や誤算あるいは意図に基づく核兵器の爆発を含め、核兵器が存在し続けることで生じる危険性に留意。これらの危険性は...... more
by hiroseto2004 | 2017-07-08 17:46 | 反核・平和 | Trackback(1)