エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

親米アラブの内ゲバ収束に失敗、米国務長官

アメリカは、親米アラブ諸国内部の内ゲバを上手く処理できていません。

アメリカのティラーソン国務長官が、ペルシャ湾岸のアラブ諸国における危機を解決する努力の中で、この地域を訪問しましたが、何の成果も出ないまま訪問日程を終えました。

IRIB通信によりますと、ティラーソン国務長官はペルシャ湾岸諸国歴訪の最終日にあたる13日木曜夕方、カタール・ドーハで同国のタミム首長と会談し、カタールとアラブ4カ国の危機の行き詰まりについて意見交換を行いました。

ティラーソン国務長官は、この会談のあと、記者団の質問に答えることなく、この危機の解決に関する成果の有無についての見解表明を控えました。

サウジアラビア、エジプト、アラブ首長国連邦、バーレーンの4カ国の政府関係者は、12日水曜、ティラーソン国務長官とサウジアラビアのジェッダで会談を行いました。

この4カ国は先月5日、カタールとの外交関係を断絶し、サウジアラビアが主導する方針に同調しないとして、カタールを非難しています。


トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/25914773
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2017-07-14 20:26 | 国際情勢 | Trackback