エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

安倍・稲田打倒が遅れれば遅れるほど官僚・自衛隊暴走リスクは巨大化する

「こんなアホな政治家に死地に送られるなんてアホらしい。」
「こんなアホな政治家にでかい態度を取られるなんてアホらしい。」
そういう自衛官や官僚たちの不満は明らかに高まりつつある。

そして、安倍政権が長続きすればするほど、その不満は高まる。

活断層に例えると、地震が起きない時間が長ければ長いほど、地震が起きたときのマグニチュードが大きいのに似ている。

現時点では、世論の稲田批判の尻馬に乗って、日報隠蔽の「稲田(実際は総理の「ご意向」)関与」をリークする程度である。
これは、地震に例えればM6程度。決して小さい規模ではない。菅野完さんらが、「稲田防衛大臣を守れ」という論拠はそこにあると思う。
自衛官がこれ以上、勝手なことをするのを防ぐ、と言う意味合いだ。
しかし、これまで安倍政権を4回も国政選挙で圧勝させたことのつけ、と考えれば、そう大きくもないという考え方も出来る。

むしろ、安倍政権をこれ以上存続させれば、今度は
「官僚や自衛官が勝手なことをし出す」
段階に来るであろう。これは、鳩山政権を揺るがした外務省が前例としてある。地震の規模に例えればM7クラス。
実際に、民主党=民進党は、これが遠因となって、いま、消滅の危機にある。
民主主義にかなりのダメージを与えかねない。

そして、さらに安倍政権を存続させれば、今度は
「官僚や自衛官が、本格的に政権を左右する」
段階、民主主義の滅亡段階に来る。地震の規模に例えればM8クラス。

それでも、安倍政権を存続させれば日本自体が消滅する。地震の規模に例えればM9クラスだろう。

やはり、安倍政権をこれ以上存続させてはいけない。もちろん、上司の関与もあったとは言え情報隠蔽を行った自衛官(官僚)の
処分は必要だが、すくなくとも関与した大臣とセットで処分されなければ、さらに不満がたまることになりかねない。






トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/25932789
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2017-07-23 15:31 | 安倍ジャパン | Trackback